FC2ブログ

家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

北海道広尾町で木製品を作っています
MENU
日記

センターテーブル①



私の小学校の同級生が新築住宅完成に合わせてこの木を使って何か作って欲しいと相談があり、検討の結果センターテーブルを作る事になりました。

材料は同級生が何故か持っていたナラの・・・
未使用なので古材でもないし、でも激しい虫食いと割れがあって、確か以前林業関係者から教えてもらった言葉で「こさん材」(漢字不明)というのがあって、それは原木の状態で山林に長らく放置されて鉄砲虫にやられまくったり、バクテリアに犯された材の事を言うらしいのですが、そんなイメージの材料でした。

因みに鉄砲虫と言うのはこちら地域の林業関係者の通り名で、鉄砲玉のように直線的に芯の方へ向かって喰い進む何かの幼虫のことで、それが何という虫の幼虫なのかは不明です。

同級生が誰かから貰い受けたもののようですが、それが製材後材が傷んだのか挽く前からだったのか知る由もありませんが、硬い楢でもこんなに喰われるのだなと感心するほどです。

しかし、これはこれでワイルドな風合いになるのではと期待を込めてテーブルに仕上げる事にしました。


先ずは荒木取りをして様子を見ます。

DSC_1163.jpg



傷んだ部分を避けるように片耳を落として見ると、まだまだ虫喰いゾーンがあるので更に切り落としました。

DSC_1167.jpg



一応並べてみるとこんな感じ。
一番狭い部分の幅で45cmくらいでしょうか、施主の希望は60cmでしたから別材をはさんで三枚ハギになりますね。

DSC_1168_20190920050701475.jpg



手押し自動にかけて材を真っ直ぐにします。

DSC_1181_201909200506598e9.jpg



接ぎ面を作る際にある程度削りますから、その分を見込んで余計に残しておいたのですが、まだまだ虫喰いゾーンを避けられていないようですな。

DSC_1184.jpg

ま、荒木取りなので今はこの程度にしておきます。


脚部などの部材も揃い、組み合わせるとこんな感じの天板になるイメージです。
足りない部材はうちの在庫から引っ張りだしてきました。

DSC_1186_201909200506562cb.jpg

持ち込み材が人乾か天乾か不明なので、このあとは余裕を持って一ヶ月程養生し狂いを出しきりたい。
関連記事
スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/780-8265190e
該当の記事は見つかりませんでした。