家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

電話台 5

昨日のつづきです、加工したのは日曜日。

引き出しの側板と向こう板を加工しなおし前板をつけました。

逕サ蜒・015_convert_20121219210636

取っ手はKQLFT TOOLからネットで買ったアイアンです。

底板はラワン6mm、シナ合板の方がきれいですが私はラワンで充分だと思いました。

引き出しの面取りは前板接合前に加工済みです。

10mmRのボーズ面ビットで削ると、途端に表情が柔らかくなった感じ・・・

逕サ蜒・016_convert_20121219210809

天板をネジ止めするバカ穴(大きな穴)を開けています。

ドライバーの入る間隔が無いので、下から引き出しの桟にも同じ大きさの穴を開けました。

こういうやり方は反則というか間違えなのでしょう。今度作る時はしっかり勉強をしてから作ります。

天板を長いドライバーでネジ止めして完成です。

逕サ蜒・017_convert_20121219210850

また乗せちゃいました。

ハッとするほど目に飛び込んでくるのが、こちら側の脚に強調された木目です。

逕サ蜒・021_convert_20121219211049

反対側はきれいなのに、こっちの脚と側板がまるで刺青でも入れたような感じ・・・

加工中はあんまり気にならなかったのですが、オイルはこういう風になるんですね・・・勉強になりました。

「お母さんのつくえ」にオイルを塗った時は何ともなかったんです。アッ、あれはノーマルクリア・・・

でも、いい味が出ている気がしないでもないかな・・・

ん~、ムズカシイですね。






関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

torayoshi says..."Re: タイトルなし"
専用の機械があったとしても私には難しいでしょう。そして私は初心者でアマチュアですがsaule vertさんはけしてアマチュアではないと思います。

良いお年を。
2012.12.30 16:39 | URL | #- [edit]
saule vert says...""
全てホゾ組とは大変だったですね。専用の木工機が有れば楽勝なのですが、我々アマチュアには手が出ませんからね。今年は最後の作品ですね。良いお年を。
2012.12.29 10:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/73-a2a58a0a
該当の記事は見つかりませんでした。