家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

ベンチを作っています  4

脚部の塗装です。

柿渋に古い鉋身を一時間ほど漬け込んで黒く発色させようと試みました。

DSC_0370.jpg


実際に塗ってみると、ほとんど効果は無く黒くなった印象がありません。

柿渋は紫外線に晒すと色が濃くなる傾向があるので炎天下の屋外で養生しましたが、一回目の塗では都合よく効果は現れませんでした。

DSC_0371.jpg



翌日、今度はより効果が期待できそうなスチールウールを漬け込み発色を待ちました。

DSC_0372.jpg

鉋身の時よりは黒くなりましたが、それでも期待ほどの発色はありませんでした。

イメージ的には真っ黒に近い色にしたかったんですよね・・・

やはり着色は難しいです。今は真っ黒ではないけれど経年変化で黒に近づくかも知れないですし。

柿渋での着色は2回塗って清く諦めました、納期の事もあるのでオイルにステイン(古色の黒)を混ぜて上塗りしフィニッシュしました。

結果はこんな感じです↓

DSC_0375_20170815215924801.jpg

真っ黒ではないけれど、とても良い感じの色に落ち着いたと思います。

こういう仕上がりの判断などは依頼主様から一任されているから出来る事で、そうでなければクレームにつながりますから、これからも色を指定した着色の依頼はお断りしようと思います。



座面の方もいよいよ仕上がり、オイル塗布まで進みました。

こちらは素晴らしい材料を使っている事もあり、とても美しいです。

DSC_0374_20170815215922525.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/666-12510a11
該当の記事は見つかりませんでした。