家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

ベンチを作っています  3

隅木を作っています。

今までは脚と隅木の接合面を互いに45°カットしてやってましたが、今回は脚の角っこに合わせてルーターで欠きとりました。

DSC_0364.jpg



下穴などを空けてくっ付けるとこんな感じ。
DSC_0365_2017081100165806d.jpg


二脚分全て完了。
DSC_0366.jpg


脚部はほぼ完成形になったので座面の加工に入りました。

基準と分決めは終わっていて、そこからルーターと船で勾配を付けています。
DSC_0367.jpg

上の写真では分かりにくと思いますが、だいたい17分の1の勾配です。

横から見ると分かりやすいでしょうか、座板の片側端っこに厚み1cmの板をかまして勾配しています。

DSC_0368_20170811001702717.jpg


そして、ルーターの傷跡を去るように四方反り鉋でザックリと規則正しく刃物痕をつけました。

DSC_0369.jpg

当初、このような装飾をする予定は無かったのですが、依頼者様が加工中のルーターの傷跡が気にいって傷を消さずに残して欲しいと要望があったんです。

その時、一旦は了解したのですが、ルーターの横摺の傷跡なんて素地調整でサンダーをかけたら殆ど見えないというか目立たなくなってしまいますから、どうせならと思ってこのような趣にしてみました。


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/664-d27ff7aa
該当の記事は見つかりませんでした。