家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

木のランチプレート  製作中です

ルーターでテンプレートを利用して掘っています、フランジを三段階に分けて掘り下げるのでトリマーより数段早くてストレスが軽減します。

今回のために大きめのアクリルでルーターベースを簡単に作りました。

DSC_0301_20170710220202b21.jpg



ビットが安物だったのでガイドベアリングが早くも消耗してしまいました。

(青矢印)直径25mmの座金?に15mmのベアリングがハマっていました、予備なんて持っていないので代替えに赤矢印のベアリングを交換。

DSC_0299_20170710220159f71.jpg



ベアルングを外したついでにビットの研磨。

DSC_0300_2017071022020051b.jpg

このビットの刃はなまくらで、3枚も削ったら研磨が必要になります。そうしないと被加工材が焦げたり削りはだが荒れて、後加工が面倒になります。

その為、性能の良いビットを通販で購入したのですが、今回の加工には間に合いませんでした。



帯鋸で外形を切り離し。材はキハダ。

DSC_0302_201707102202031a1.jpg



外型テンプレートをハメて外形を整えます。

DSC_0304.jpg



一難去ってまた一難。今度はスイッチが入らなくなりました、よくあることなんですが、ここのカバーを外してコンプレッサーで吹き飛ばすと復活します。粉塵が接点を遮断するんですね。

DSC_0303.jpg




習い加工時、逆目を嫌ってテンプレートビットとフラッシュトリムを使い分けるんですが、テンプレートビットで習い加工していると、気をつけていてもガガガっとやって恐ろしい目に遭うことがしばしばで、最悪吹っ飛ばされてハネモノが出来てしまいます。

DSC_0305_201707102202081b2.jpg

↑赤矢印部分がガガガっとやってしまった部分。ルーターテーブルのスタートピンって何のためにあるのかなと思っていたのですが、多分今回のような作業の時に活躍するのでしょうな・・・


ここまで21枚分用意して18枚生き残りました。

DSC_0307_20170710220209c04.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/657-11741f4c
該当の記事は見つかりませんでした。