家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

もどかしい・・・

ベルトサンダーが壊れて難儀していましたが、町内で木工をされている方から運良く同機種の中古を譲っていただけました。

DSC_0157_20170605233619866.jpg

左が故障した奴ですが、部品取り出来るので捨てずに取って置きます。



作業の方は品切れしていたスープスプーンを作っています。

DSC_0152_201706052336164b8.jpg


今回は池の下穴を↓このようにお花のような形に掘ってみました。

DSC_0156_2017060523361861b.jpg

深い丸ノミとスクイノミでザックリと池の仕上げをしたあと、帯鋸の常盤を45°にして外周を切り取りました。

DSC_0166.jpg

数えて見ると38個ありました、この時点で加工が失敗して売り物にならない所謂ハネモノが5個。

不良品が出来てしまうたびに「あ゛ー!!、また自宅用を作ってしまったー!」と私が嘆くと。

妻は「やったー」と喜んでいます。

我が家にはそうした失敗作しか自家用にしていないので、もし自宅用にした私の作品しか見たことがない人には随分とヘタクソな作り手だなと思うに違いありません。

でも木の物って高価ですから生活水準の低い我が家にはハネモノで丁度良いです(涙)



竹切り出しで荒削りです。今回のは池に刃物痕を少し残したいなーと思いながら削っていました。

DSC_0178_20170605233622400.jpg

このような単価の小さい小物は三日で木地を仕上げたいと思っていましたが、40個近くあると私の技量と道具では今回は無理でした。

無理して長時間ミッチリやれば三日間でも仕上がりそうですが、あらゆる関節痛やタコに悩まされ結果、数日間休養を要す事になっては元も子もなくなります。

なんとも、もどかしい年頃になりました。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/646-93f67d6c
該当の記事は見つかりませんでした。