家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
日記

なかなか調子が上がりません

ようやく日常を取り戻したかのように思っていたのですが、全然そうではありませんでした。

そろそろビッシリと製作活動に没頭したいのですが、土場に雑多に置いてある丸太などが気になって整頓していました。



タイミングが合わなくて製材に出せず一時保管となった丸太に枕をかまして風通しを良くしてやりました。

DSC_0089.jpg

重機なんてありませんから、こんな量でも人力では精根尽き果てる作業です。



器用に半割にしていた材を地面から30cmほど離し防虫ネットで保護。

DSC_0088.jpg

半割材は皮まで活かしたいので虫にやられないよう、防虫ネットでグルリとやりましたが果たして効果はいかに。

気が付くと半割材もかなり溜まっていました。

防虫ネットでグルリとする前に小口に割れ止めの白ボンドをたっぷりぬりました、乾燥は遅くなりますがポリエチレングリコールは高価なので仕方ありません。

さあ、いよいよ木工開始だな!! と思っていたら近所の製材所から連絡が入り、冬の間から預けていた丸太をこのタイミングで板に挽くと言うのです。

「ガーン」

冬に挽くのがベストですが、私のほんの僅かな材料は後回しの猿回しになるのは仕方の無い事。この際、一日でも早く挽いて欲しいところなので直ぐに立ち合いに行きました。

ほんの1.75立米ほどですから半日もかからずに終了。

日常的に大量の材を取り扱う製材所では邪魔くさい量だと思うのですが、私は一人でしかも人力で車に積んだりしますから製材している時間よりも積んだり運んだりしている時間の方が多かったです。

製材所に重機がたくさん稼働しているのですが、それを利用できないのは私の車がワンボックスカーだからです。

厚く挽いてしまって、とても一人では抱えられないような板も根性で運びました。

「ふ~」

かなり無理な積み方運び方をして3往復でした。

そして先日の皮むきが非情に酷だったので今度は直ちに剥きはじめました。

皮を剥いて桟積み、皮を剥いて桟積み・・・

DSC_0095_20170515232110f26.jpg

今回はほとんど生木状態なので皮剥き自体は簡単なのですが、それでもこの量はキツイ。

4月の初めころに製材所の土場で皮むきしたニレ神代もようやく挽いたのですが、立ち合いの際に芯材になる部位を何を考えたかとっさに「ここはこのまま残します」と言って9cm強の厚さに挽いてしまい、そのため物凄く重くなってしまった。

今でも何故、そんなに厚くしてしまったのか理由が分かりません。

長さ2m80cm幅最大45cm、耳付近は脆いですが中までビッシリと色が入っていて、激しい割れが無ければ結構な上物だったのではないでしょうか。

DSC_0096_20170515232112792.jpg




長さ2m70cm~80cmの材が終了した頃にはスッカリ雲行きが怪しくなり、だんだんジリッぽくなってきました。

DSC_0098_201705152321131e4.jpg

根性で終わらせるつもりでしたが、軟弱な私はとうに活動限界を迎えて退散です。



翌日、朝一番で続きをやりました。写真手前のやつですが、これは長さ1m70~80cmの板。

一番上になってしまった黒っぽい板はこれもニレ神代です。

北海道の神代(埋もれ木)と言えば春ニレが多いと思いますが、関東方面で出てくる神代は欅(ケヤキ)が多いんですってね、どちらも楡科の木なので木目も似ているとの事ですが不思議な共通点があるものですな。

DSC_0099_20170515232115354.jpg

さあ、これで屋外作業は一段落だろうか。

日増しに春めいて来たかと思っていたらここ数日の気温は5℃とか6℃、先週はたしか30℃近くあったはずで、さすがに体調を崩してしまうなーと思っていたら気が付くと今年も誕生日がやってきて齢50になっていました。

木工の先輩貴兄の皆さんからは若い若いと言われますが、相対的に50歳は若者の類ではないですよね。

最近は何かと根性でやり遂げようとして撃沈、の繰り返しのような感じの毎日を送っていますから結果、予定が延び延びのズレズレです。

お待たせしている皆様にはたいへんご迷惑をお掛けしております、どうかやさしくご容赦いただきたく存じます。




関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/643-5dfee3da
該当の記事は見つかりませんでした。