家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

連日、器を作っています。

4月20日から一週間の個展があるので、出品に間に合うように毎日器を削っています。

3点ほど既に注文が入っているので、ついでではないのですが何か目新しい物を出展したくて頑張っているのですが、慣れない作業なので課題の連発です。

まだ仕上げではありませんが、形が見えてきたので業務連絡も兼ねて紹介します。

DSC_0133_20170406220504c34.jpg
ニレのボウル、全周耳付きです。ボウルではこれが一番大きいかな。長さ方向で25cmくらい。





DSC_0127_20170406220500689.jpg
ニレの長丸皿とボウル。丸い器は全部全周耳付きにこだわりました。




DSC_0125_20170406220458045.jpg
ニレの耳付き角皿と少し浅めのボウル。

ニレはほぼ生木の状態から削りだしたので乾燥のために先行して形にしました。が、間に合わないでしょうな・・・


その他の材料は十分に乾燥しているので大丈夫だと思います。

これはクルミの角皿。25cm×25cmくらい
DSC_0129.jpg



クルミの長い角皿というか、これはもうオードブルとかを盛るサービングトレイですな。
52cm×25cm
DSC_0134_201704062205062e5.jpg

これはこのままノミ痕を残した作りにしようかな、ここまでしてからカンナで追い込むのに疲れてきたので・・・


ところが、ノミで中削りするのとノミで仕上げるのとでは大違いでした!

一つも楽な事はありません!余計時間が掛かりました!労力と時間を加味するとおよそ2倍くらいは要したのではないかな(涙)
DSC_0135_201704062208095f5.jpg 

クルミはサクサクと削れて気持ちいいのですが、器作りに慣れていない事とこの大きさも相まって神経と体力気力が底を突きました。

作品の値段は材料費+時間で積算しているので、これを採算合わせようとしたらナンボになるのか恐ろしいです。

安くしないと誰も買ってくれないだろうし、採算を無視するならば暇つぶしの時しか作れません。

ふ~
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/637-7d28cdf4
該当の記事は見つかりませんでした。