家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

まだ慌ただしいです

少し前の事なのですが、私の住む広尾町の「ふるさと納税返礼品」に出品している当工房のカッティングボードが「ふるさと納税なんでもランキング」の「みんなが選ぶお礼の品」の工芸品・装飾品部門で全国2位! 雑貨・日用品部門でも同5位!にランクインされていました!!

尚、このランキングは多分日々変動があるようで、これを書いている2月23日時点では工芸品・装飾品部門で5位、雑貨・日用品部門でも12位となっていましたので悪しからず。

DSCN0849_20170223215004709.jpg

「お気に入り」して戴いた皆様、本当に感謝申し上げます。m(_)m

お陰様で返礼品の注文も好調で在庫を切らさぬよう追加で作っていたのですが、私の手違いがあり慌てて作り直していました。(涙)



泣きながら雪の山から掘り出した45mm厚の荒材を救出し、仕上がりの2倍の長さにしてから板を作ります。

耳を落として幅を決め、厚み18mmに挽き割。

DSC_0252.jpg




手押し自動で厚みを整え、荒木取りをしてから割れ止め剤を塗布し薪ストーブの上で5日間、何度も材の向きを変えて乾燥させました。

DSC_0254_201702232149599df.jpg

この材料は乾燥が不十分なので仕上がり寸法に対し長さ方向で+2cm、幅+1cm、厚み+3mmの代を残していますが、割れ止め剤を施さないと仕上がりに影響してしまいます。

ストーブの上ですから乾燥材であっても割れるでしょうからね。


その後2回手押し自動で狂いを去って本木取りから各部を加工。

DSC_0259.jpg




集中力と根性で約40枚を仕上げました。

水引~サンディングが一番疲れました、スポンジサンダーを導入したいです。

DSC_0260_20170223215002afe.jpg

オイルを塗布したので後は乾燥硬化を待つのみ。

ふ~。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/612-f7449f5c
該当の記事は見つかりませんでした。