家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

台直し

以前作ったこの天板、テーブルにするにはどうしても納得いかない点がいくつかあり、ギャラリーの什器(備品)にするしかないかなーなんて思っていたのですが、用途を変更してベンチにすることに決めました。
DSC_0808.jpg
せっかくの一枚板ですがテーブルトップには不向き。でも、ベンチなら上等じゃないかなと考えたわけです。



脚部の木取りは数日前に終えていてその後の加工も進んでいます。

DSC_0823.jpg 

材はタモ。総タモ造りのベンチなんてステキじゃないですか。



仮組みして確認、問題が無いのでバラして各部材をカンナで仕上げて・・・

と思ったら、カンナが全然切れません。

刃の研磨に失敗したのかな、と思い再度研磨してみたのですが結果は同じでした。

台直しは最近もやったはずだったのですが、この夏の長雨のせいで湿度が高かったからあっという間に狂ってしまったのだろうか。

作業の連続性が切られてしまって、リズムが狂ってテンションが下がってしまうところなのですが仕方ありません。

重い腰を上げるように手押しの定盤に両面テープでサンドペーパー180番を貼り付けて平面を出し直します。

DSC_0831.jpg 

カンナの刃と裏金はほんのちょっと引っ込めただけでそのままやります。外して調整したら条件が変わりますからね。



台直しカンナで不要な部分を隙取り。

DSC_0832.jpg 

今回は4点着きにしてみました。




結果は非常に良好。スパスパで逆目掘れも起こりませんでした。

DSC_0833.jpg 

面倒臭がらないで早くやっておけば良かったです。




ついでに良く使う他の平カンナの台も直しておきました、台は木ですから湿度の変化を嫌うのでビニール袋に入れて保管することにしました。

いつでも直ぐに使えるように、ですね。

DSC_0834.jpg 




極当たり前ですが刃物が切れれば仕事が早くて実に気持ちが良いですな。

おかげでこの日の内に組み上げる事が出来ました。

DSC_0839_20161013233057863.jpg 
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/583-7398ee23
該当の記事は見つかりませんでした。