家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

コンソールテーブルを作っています 1

コンソールテーブルと言って正解かどうかはこの時点でかなり曖昧なまま作り始めているのですが、とにかく細長い会議用のテーブルみたいな形で事務用でない感じがイメージです。



ホゾ穴を空けているんですが、黒っぽい木に墨つけするともう全然見えません。

墨付けしている時はそんなに気にならないのですが、いざ加工しようとする際に線を目で追うのですが、途端にどこに引いてあるのか分からなくなるんです。

DSC_0659_201609040652155f9.jpg

まあ当たり前なんでしょうが、老眼が入ってから余計見難くなったような気がします。

照光器で横から光をあててシャープの線を光らしたりて、やっとやっと加工しているんですが毛引きとかの刃物傷だったらもうアウトですね・・・



ですから、ちゃんと精度が出ているか、間違いはないか確認の為に仮組みは必須です。

DSC_0660.jpg

部材はまだ全部揃って無いし、仕口の加工をしただけなので無骨に見えますが全部できてから間違いを見つけても遅いですからね。




そして予定している天板を乗せてイメージの確認をしています。

DSC_0664.jpg

補強の類はまだ取り付けていませんが、二枚ホゾでガッチリ組んであるのでこの状態でも十分使えそうです。

材は一部装飾として脚にサクラを挟んだ以外は全部タモで統一しようと思っていたのですが、こうやって見てみると天板は黒っぽい材にしたほうが良いかな・・・

着色はしたくないけど、始めのイメージは総タモ作りだったので他の樹種を混ぜるのも気が進まないし。

脚と同じタモのスモークウッドを天板にしたら統一感があるかもしれないけど天板にできるほど材料は無いしなぁ・・・ブラックウォルナット?色肌は申し分ないけど。

う~ん、マンダム。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/568-bca0ff55
該当の記事は見つかりませんでした。