家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
治具

杉の一枚板でローテーブルを作っています 7

少し更新が滞りましたが、各部材の加工をしていました。

こんなトリマー冶具を作り、反り止めのボルトを入れる長穴の座グリをバンバン加工できるようにしました。
(木工をしない人には意味不明ですね)

DSC_0216_20160617235751157.jpg

冶具の裏側に可動できるフェンスがあり、加工材のサイズが変わっても簡単に対応できるようにしてあります。

クランプする機能がないので、位置決めをしたら冶具ごとバイスで固定して使っています。


こうなる↓

DSC_0217.jpg

10mmストレートビットで削りましたが、油断すると四隅が焦げてしまいます。

焦げないようにするには、角のカーブで送りスピードを落とさないことでしょうか。



細かい加工が終わり、鉋かけています。

DSC_0218_20160617235753dd9.jpg

鉋は必ずしも必要ではないと思いますが、同様の仕上がりをサンディングのみでやろうすれば時間が物凄くかかります、早くキレイにという事です。

面取りするRに合う鉋がないのでその部分はサンダーです。

塗装はオイル仕上げなので下地が命です、ウレタンならサンディングシーラがありますから、そういった意味でウレタンの方が楽かもしれません。

見解が間違っていたらご指摘ください。




素地調整前の水引、乾燥後240番のサンダーをかけますが吸い込みの関係で320番にしたほうが良いかもしれません。

DSC_0219_20160617235812b01.jpg




その他にご要望にお応えして、こんなパーツも作りました。

DSC_0220.jpg

材の伸縮に対応できるよう、接合は伸び代を儲けた溝にホゾを入れただけで接着剤は使っていません。



テーブルの裏側でこのように配置しまします↓

DSC_0221.jpg

曲がった甲板に対応させるためにいろいろと悩みましたが、私の発想ではこれ以上の最善策は思いつきませんでした。

吊り棚のような格好になりますが、ここにティッシュやテレビのリモコンなどを入れるのだそうです。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/540-4502727d
該当の記事は見つかりませんでした。