家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

杉の一枚板でローテーブルを作っています 6

天板はそろそろ裏側の塗装に入れるところまで進みました。

耳作りもしたのですが、お客様から「子供がいるので角は丸くして下さい」と2回も念を押されていましたから、フリーハンドですが大きめのRで優しい感じに作りました。

写真はワレメの掃除をしているところ
DSC_0207_20160610230807481.jpg




脚部は二度の養生で狂いをだして本木取り終了。

各部材を配置して今回の条件で一番格好良く見えるよう、取っ替え引っ替えしています。

DSC_0210.jpg




ところで、本木取りのカネを出していたのですがなかなか直角が出ませんでした。

「あれー、変だな。なんでだろう」と、思いっきり独り言を言いながら手押し鉋のフェンスを調整する事数回。

でも何度調整し直してもダメでした。

いよいよもってして何か怪しい。

で、疑ってみたのがスコヤです、二つのスコヤを合わせて↓隙間を確認。

DSC_0209_2016061023080943c.jpg

さほど問題無いようですが・・・

裏側から逆光で見てみるとこの通り↓

DSC_0208_20160610230808827.jpg

ちょっと分かりにくい写真ですが、上にゆくほど開いています。

あちゃー

こんなスコヤでいくらフェンスの直角を校正したって無駄ですからデジタル角度計でやり直し、現物で微調整をしました。

結果は良好ですが、スコヤも正確な物を用意しないとダメですね・・・

結構時間を無駄にしてしまったことが勿体無いです。
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

torayoshi says..."ゆうせー さん、こんばんわ。"
精密加工には、それ用の道具が必要だというシンプルな話ですね。

高価でも良いものを一つ持っていれば良いのではないでしょうか、落としてしまったり過酷な使い方をしなければ消耗もしないと思います。



2016.06.30 03:24 | URL | #- [edit]
ゆうせー says...""
このエントリー、もっと早く読むんでした。

最近ブログのエントリーもご無沙汰してしまっていたんですが、
昨日の夜、久々に曲尺使って木を切ったら、どうも平行四辺形に・・・。
時間が時間だったので、宿題として持ち越したんですが
たぶんコレですね。
コレしか疑いようがない・・・。

帰りに先に新しい曲尺買ってから調べてみます。
もし違っても役に立つ時が来るでしょうしね。
修正ができない、精度を求められるものは消耗品と考えるしかないんでしょうかねぇ。ちょと高くつきます。。。。
2016.06.28 13:30 | URL | #- [edit]
torayoshi says..."Re: スコヤ"
やはりスコヤもホームセンターで売っているような低価格帯のものは精密な測定はダメですね。

何せ元々誤差500分の2以内の表示がありますから、それを承知で購入しましたから。

新潟精機の1万円以上する物は誤差が極少ないようです、一個は持っていたいです。

因みに大きさと精度は関係無いようです。

2016.06.12 09:49 | URL | #- [edit]
庭 のたろう says..."スコヤ"
大きめのスコヤをぼくも持っていますが
大きいので、精度が高く使用できると思いましたが
なんでかな?
という経験をしました(⌒▽⌒)井
2016.06.11 09:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/539-5efe60e9
該当の記事は見つかりませんでした。