家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

スツールを作っています 2

座面裏に転びを施した座繰りとホゾ穴を空ける為に10分の1の勾配になるようにジグを作りました。

しかし、矢印のランバーコア材がいかにも寸足らずで安定しなくてグラグラしてダメです。
DSC_1966.jpg

もっと幅のある材があったのに、どうしてこんなのを使ったのだろう。



座面を固定して、このように使います。材はエンジュの耳付き。
DSC_1967.jpg

位置決めを正確にできるよう工夫が必要です、簡単に作りすぎました。

販売用ならもっと考えてやったと思うんですが、早く作りたい焦りがあったのでしょう。



その他に松の厚板でこんな形の座面も。
DSC_1975.jpg

三脚だから三角に近いほうが安定性があるのではないかと思い、自転車のサドルをイメージしたのですが、これではなんだかムンクの叫びのようです。

どう見てもおかしいので、あれこれ考えないで四角形にすれば一番簡単でシンプルなのではと思い正四角形のも作りました。

で、やり直す材もありませんから、このまんま組み上げましたが多少面倒でも黙ってまん丸の普通の座面にしたほうが良かったですね・・・
DSC_1976.jpg


成り行きの行き当たりバッタリでやっていますから、私の場合だいたいこんなオチになります。

次回本気で作る時は無理に変な形を考えずにシンプルでスッキリ見えるスツールを目指したい・・・


オイルで仕上げました、それなりに映るかな。
DSC_1977.jpg



番外編。
DSC_1959.jpg

こんなのも作ったのですが、論外でボツにしました。

この角度から見ると別にこれはこれで良いのではないかと見えなくも無いですが、脚の配置が悪く安定性が最悪でした。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/488-7648e1d0
該当の記事は見つかりませんでした。