家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

パープルハートのテーブルを作っています 7

テーブル裏側の鬼目ナット、入りました。

スチール製のナットです、ヤッパリこれでないとダメすね。

DSC_1921.jpg



ネット通販で購入したのですが、品物が届くまで待っていられず帯広市内のホームセンターで買って試してみたのですが当然のように壊れてしまいました。

写真左が亜鉛の鬼目ナット、真ん中がホームセンターで買ったナット、左が最近届いたスチール製のやつです。

DSC_1920.jpg

ホームセンターで買ったナットも亜鉛製でしたが、ネジの羽?部分の面積が小さいような気がして、その方が抵抗が小さいだろうから、もしかしたら壊れずに入ってくれるのではないかな・・・と思ったのですが案の定簡単に壊れてしまいました(涙)



耳の仕上げをする頃に丁度良くサンドペーパーがやってきました。

いつもお世話になっている滝上の髭おやじさんが、音更町のウッドショップ木蔵さんへ伺った際に私へ持たせてくれたそうです。

普通のペーパーなら直ぐに目詰まりしてしまうから、これを使いなさいとのメッセージでした。

DSC_1888.jpg

左から40番、中が60か80番か読めませんが多分それくらい、右が180番です。

巨大なベルトサンダーで使うベルトで使用済みの物なのですが、私が普段使っている一般的なペーパーとは比較にならないほど持ちが良いです。

新品のペーパーの効きがズーっと続く感じ、木蔵さん滝上の髭おやじさん本当にありがとうございました。

おかげさまで、直ぐに塗装に入れました。

DSC_1899.jpg

仕上げはオイルフィニッシュです、赤ワインのような深い色。

耳もビシっと決まっています。

オイルの吹き戻しがあると直ぐに拭き取りたいので、しばらくの間付きっきりでいましたがいつまで見ていても見飽きることはありませんでした。

これはギャラリーの展示用なので嫁入りの予定はありませんから、なんだか嬉しい感じがしてきます。



妻が手がけていたクルミのスプーンの木地が出来上がっていたのでついでにオイルで仕上げました。

DSC_1886.jpg

妻の処女作ですが、なかなか筋が良くカッコイイと思います。

何やらどこぞへ行っては営業をしているようで新たな匙を受注した様子、既に制作に取り掛かっています。

家内工業そのものになってきました。


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/480-fb928f96
該当の記事は見つかりませんでした。