家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

ひどい暴風雨、いわゆるゲリラ豪雨が北海道の帯広でも起こりました。

ゲリラ豪雨なんて、東京とかの自然破壊しまくった大都会で、しっぺ返しの如く起こるものなのだろうと勝手に想像していたのですが、我が十勝でも条件が揃えば起きてしまうんですね。

私はこの時たまたま父の入院している帯広の病院へ向かっていました。

DSC_1245.jpg

因みに、竜巻は起きていなかったようですな。

帯広のゲリラ豪雨の事は新聞やテレビなどで詳しく報道がありましたから、私の記事はここまで。


木工記事の方は、新規オープンするホビーショップのカウンターと陳列棚の製作風景です。

DSC_1241.jpg

オーナー様の希望でご自身が手づくりしたような感じの店内にしたいとの事で、従って依頼を受けたそれもそれなりの形になるよう材料はランバーコア材と集成材で、接合部のネジ頭も隠さない作りの木工です。

それならば、ヨッシャ!と言ってジャンジャン切ってバンバンとネジを打って・・・と、思いながら作業に入りましたが、やりだすとなかなかそうも行きません。

だって、どうしたって、やっぱり、これが私のした仕事だということが、いつまでも看板のように残るわけですから、依頼の範囲で形にはするけれど、仕上げにはそれなりに拘りたかったんです。

そしたら、いつの間にか見積もりを出した3倍くらいの時間を要してしまいました・・・

これは単なる自己満足だな、仕事ってこうじゃダメなんだよな、などと自分で問答しながら棚板の塗装をしていました。
DSC_1240.jpg

現在、工房の二階が手付かずで空いているので塗装をする場所に不自由しなかったのが幸いでしたが、ここは近い将来ギャラリーにしたい場所なので、今回のような大きな物を作る際はこの工房じゃ無理だな・・・と思っています。

せいぜい小ぶりなダイニングテーブルくらいが限界かな。



組立の際に一人でもやりやすいように、こんな冶具を4個作りました。↓
DSC_1248.jpg


写真はカンナを使う際もあると便利の図。
DSC_1253.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/409-c6ebef52
該当の記事は見つかりませんでした。