家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

テーブルのリカバリー 3

新しく作り直した部材を塗装しました。

DSC_1052.jpg


これは甲板の表側です。裏側は先日埋木をした部分で、その反対側ですね。
DSC_1053.jpg

ストーブを焚いていた時はハッキリと見えた割れが、今は目視では確認できません。指でなぞると僅かに段差があり、その部分が冬になると割れてくるんです。

裏側は木固めに瞬間接着剤を染みこませ、更に大きな埋木をしましたがこれで完璧とは思えないので表側に二液性塗料の硬化剤を浸透させました。



これは私の昼食の様子。
DSC_1054.jpg

昼は食べない事も多いのですが、最近はおにぎりを持参するようになりました。

先日知り合いになった、乳がんの世界的な権威のお医者さんが私の歳相応ではない体型を見て、生活習慣を訊ねられた事があり、私は「朝食は摂らないです。昼食も食べない事は多いですね、そんな日は一日一食しか摂りません」と言うと「おぅ、長生きホルモンだ、それだ」とおっしゃっていました。

私はよく分からないのですが、飢餓状態になると長生きホルモンが分泌?されるそうなのです。

妻にそのことを言うと、長生きホルモンの事を何故か若返りホルモンとインプットしてしまいました。

でも長生きホルモンが出てくることは歓迎しますが、腹が空いた状態を続けるとなんだか人知れずみじめになりますから、毎日ではありませんが、おにぎりを握るようにしています。(自分で)



my工房の改修工事も始まりました。

普通の古い民家なので機械を設置したら床が抜けてしまうので床を剥がしてコンクリート打ちます。
DSC_1061.jpg


一部壁もぶっ壊し、敷居も取っちゃったので床がフラットになります。
DSC_1063.jpg

作業は私も参加して、再利用出来そうな木はほとんど取って置きました。

傷んだ家なので補修に使えると思うんです、もし余したら薪にします。

薪だマキ!



この改修工事を依頼した大工のY村さんと仲良くなり、長年乾燥させていたエンジュを持ってきてくれました。
DSC_1069.jpg

径が小さいので使い道はある程度限定されてしまいますが、ありがたい。

必ず何か形にします。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/396-c6fec851
該当の記事は見つかりませんでした。