家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
日記

追い上げ材

先月、高圧電線の下の町有林の追い上げ材をほんの僅かですが買い上げていたのですが、私一人ではどうすることも出来ないほど重くて、山から下ろす事を諦めました。

見た目にそんなに大きくなかったので、一人で車まで持って来れると思ったし、もしそれが無理でも斜面をゴロゴロとコロがしていればそのうち平地まで辿り着くだろうと思っていたんです。

こんな所↓
DSC_0895.jpg

上の写真が山の尾根で、そのすぐ下の方にある程度まとめて色んな木が放置されているんです。

DSC_0896.jpg

手前は最近伐採したものですが、写真の奥の方には腐ち始めた凄く太い木が積み上げられています。

皮付きのままだし、葉枯らしの時期はとうに過ぎているはずなので、貰い手がなければただ腐るのを待つのみ、って感じです。

近所の製材所に聞くと、雑木を挽き割る仕事は敬遠しているようですな。

地元の森林組合に聞いても、雑木を挽く料金は松などの針葉樹に比べると遥かに高くて、1立米17,500円との事。

人工乾燥も挽き割るのと同じような料金設定のようです。(地元の森林組合ではない)

その他にも予備乾燥させる地代や運搬費、様々な手数料が乗りますから無垢材が高価になるのもうなずけます。

労力と時間、品質を考えると材木屋さんから購入したほうが良いんじゃないかな・・・


さて、私が購入した木ですが、今はもっと乾燥させて軽くしてから再度挑戦してみようと考えています。

その時が来るまで誰かに持って行かれなければ良いのですが・・・




関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/378-c6f232f9
該当の記事は見つかりませんでした。