家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

クリーニング屋さんの棚製 6

棚板のスノコを作っています。

留めているのはネジではなく、真鍮釘です。

釘打ちは自宅ではうるさ過ぎるので「くるみ会工房」でやりました、160本打ちますからね。

026_20140804203318440.jpg


均一な間隔でいけるよう、20.5mmのスペーサーをかましました。

025_20140804203316e0f.jpg

縦方向の並びも冶具を使っています。

こんなやつです↓

029.jpg

今後何度も登板機会のある冶具であればもっと丁寧に作りますが、今回と同じサイズの冶具は多分もう使わないと思うので、今回のような場合の冶具つくりはご覧のように即席(ザツ)ですが、両側とも正確に6mm出っ張るようになっています。


使う時はこうです↓

028_201408042033197c8.jpg
分かり易いかと思い写真を載せましたが、なんだか余計分かりにくくなったかもしれません・・・


釘を打つ下穴を印しを付けてフリーハンドで一枚づつあけていたのですが、途中でボール盤があるのに何をチマチマとやっていたのだろうかと気が付きました。

030.jpg

せっかく良い設備が有っても、これでは宝の持ち腐れですね。

この頃は大樹も広尾も帯広も毎日30度以上です、昨夜は室内ですが最低気温が29度を下回らず全然眠れませんでした。

家の中の一番涼しいところを求めて玄関あたりで寝転んでみたり、外へ出て車のドアを全開にして寝てみたりと、いろいろ努力したのですがまったくダメでした。

怪我をしないよう最大限注意していますが、それ以外は散漫です。

せっかくの北海道ですから、もう少し過ごしやすくても良いのではないか、などと勝手な事を考えているのは私だけでは無いと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/262-613caaa7
該当の記事は見つかりませんでした。