家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
日記

夏休み子供木工教室!

今日は大樹町の小学生を対象に、くるみ会工房で『夏休み木工教室』が開催されました。

参加児童は4年生と5年生の合計10名。

私も指導員として参加させていただきました。

035.jpg

何を作るかは自由ですが、特に希望のない児童にはブックエンドなどを子供達の趣くまま作ります。

私は学年の違う2名を担当しました。

キックバックや切断などの事故が容易に想像できますので、危険な加工は私達指導員が行いますが、子供達の達成感、自分が作った実感も大切ですから、電動ドリルや糸鋸など比較的安全な作業はなるべく子供達に体験してもらいました。

028_2014072720412163e.jpg

私の担当した二人はブックエンドに挑戦しました。

大まかな形はどれも同じですが、切抜きの図形や縁の形などは参加した子供達の感性が現れています。

042.jpg


私 「スゲーな、アートだなこりゃ」

最初はつまらなそうな顔をした児童もいましたが、完成に近づくにつれその瞳が輝いているように見えました。

そして、気が付くとい始めは引率の保護者が一名だけだったのですが、いつの間にか父母の皆さんがたくさん来ていて、さながら「親子木工教室」になっていました。

046.jpg

最後には、子供達より途中参加した大人たちがサンディングなどの仕上げに熱中しているようでした。

この日は地元新聞社も取材に来ていましたが、なんとその記者の方も最後には仕上を手伝っていたようです。

そんなわけで、朝8時30分からお昼までの3時間強の木工製作が、ドタバタとアタフタとにぎやかに終了したのですが、肝心の子供達は楽しんでくれたかな・・・

工房での製作はサンディングまでで終了です。その後は家に持ち帰り各々好きなように塗装をするのでしょう。

お昼で終了、子供達は家に帰り私達会員は工房の後片付けをした後、皆で同じお弁当を食べました。

「楽しかったな・・・」

外はロシアの山火事の影響で霞んでいますが、私達の心は無垢な子供達に洗われて清々しい気分でした。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

torayoshi says..."楽さん、おはようございます。"
子供木工教室、本当に楽しかったですよ~。

私も子供達も保護者の方も全員達成感があったと信じています。

でも粗木取りからやるものではありませんね、最後は時間との戦いでした(笑)

因みに、今回の参加料は保険料込みで1,000円でした。

2014.08.01 08:52 | URL | #- [edit]
工房 楽 says...""
いいなぁ~。こんなのみてると一回、親子木工教室ってやってみたくなりますねぇ~・・・にしても充実した工作機械やなぁ~。
うらやましいかぎりです。
2014.07.31 06:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/256-c1ab4e4b
該当の記事は見つかりませんでした。