家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

トイレ用収納製作 4

ワトコオイル・ミディアムウォルナットを塗り、扉を取り付けました。

内側や背板にも塗ったので乾燥がなかなか進みません。

これで完成ではないのですが、匂いがおさまるまでしばらくこの状態で放置します。

DSC_1165.jpg


その間、製作中のフォトフレームなどを進めておきたいので「くるみの会」の工房へ行きました。

工房へ行くと、まず最初にストーブに火を点けなければなりません。

大量にある薪の中から手ごろな物をその都度斧を振るって割ります。

これはエンジュだろうか・・・

DSC_1192.jpg

最初は面倒だなと思っていましたが、何度かやって私の中にルーティンが出来上がると、この面倒だと思っていた工程も楽しみながら作業できるようになっていました。

私がまだ小学の低学年だったころ、自宅の暖房は薪ストーブで、水道は手動ポンプのくみ上げ式だったので、経験が無いわけではありませんが、便利すぎる生活に慣れきってしまった現在ではこんな作業も新鮮に感じます。

スローライフと言うのでしょうが、そんなに格好の良い物でもなく火傷や火事など危険が従うことですから焚きつけに火を点けるときはそれなりに緊張します。


着火

DSC_1193.jpg

「ゴー」っと勢いよく火があっと言う間にまわりました。

燃えているのはストーブの中一杯に詰め込んだおが屑です。焚火であれば良い塩梅になるまで付き合いますが、これはこのまま放って作業にかかります。

昔、給食センターだった工房はとても広いので、こんなストーブでは気休めですが、小休止のたびに近寄って体を温められます。

少しずつ、焦らずに良い物を・・・

スローライフってこう言う事なのかな。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/216-1c7f3177
該当の記事は見つかりませんでした。