家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
木工製作記

玄関小物収納具製作 2

当然ですが電動工具を使う、うるさい木工は昼間の作業です。

基本となる本体の材はSPF材ですが、板厚を7.5mmとか10mmに設定してしまったために薄すぎて頼りない部分があり、肝心な所だけナラの端材で補強しました。

扉の上辺の反り止めです。接合部の段欠きをしたところです。

DSC_1086_convert_20140114204124.jpg

これを板ハギをしたSPF7.5mmにボンドで圧着しています。

ボンドの乾燥後、裏側からネジ止めしました。

DSC_1087_convert_20140114204217.jpg


雰囲気を確認したかった事もあり、扉になるこの部材の前面だけ先に塗装をしました。

今回使った塗料はアサヒペイントのダークオークです。

妻の好みで黒っぽい着色と室内乾燥なので水性着色ニスを使用しましたが、直前にオイルを使っていたので同じノリでニスを塗ったらムラムラになってしまいました・・・ショック

DSC_1088_convert_20140114204247.jpg

水性ニスの乾燥はとても早く、2時間もしたら研磨できるほど硬化していました。

よって、ムラムラ部分を擦り落とそうと80#でサンディングしましたが、ちょとやそっとじゃ均一になりません。

室内のサンディングはそれなりに限界があり、それに今回は質よりスピードが求められていますから2回目の塗布で諦めました。

諦めたと言っても遠目に見ればそれなりに写ります。

でも、どうしてオイルにしなかったのか、ニスにしてもどうして刷毛でやってしまったのかと悔やむ事しきり。

妻から、簡単でいいから早く作るようお願いされていましたが、ここは作り直したいなぁ・・・

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

torayoshi says...""
ヨネさん、それよくわかります。

私も作っているときは真剣なのですが、完成すると必ずやり直したくなります。
2014.01.16 18:36 | URL | #- [edit]
木工大好き says...""
今日は ヨネです。

アンプのケースですが、如何せん小さくて内部がごちゃごちゃですし!

なんだかんだと手間とコストをケチりすぎた感じで、毎回作り直すと言う無駄な事をいつも繰り返しています(笑)

独身ならばコストは度かえしなのですが・・・・・
2014.01.16 09:22 | URL | #- [edit]
torayoshi says..."ヨネさんこんばんは"
ヨネさんも同じような経験があるようですね、ホッとしました。

ヨネさんは物事を物凄く追求される方だと私は感じているので、私のようなベタな失敗はそんなに無いのではないかと思っていましたから(笑

フレームのオイル塗装。自画自賛のあの写真では伝わらないだろうな、と思っていたので評価して頂いてなんだか恥かしいです。


アンプ作り直すようですね、ケースの概観なんて完成度高いなぁ、と思っていたので意外です。

2014.01.15 21:34 | URL | #- [edit]
木工大好き says...""
今晩は!
白木に着色をすると確実に斑になりますよねぇ~

僕も、相当ガッカリさせられました口です。

家具屋さんが言ってました、着色家具はグレードが低い。。。。。

でも、そればっか売ってるのはあなた方ですよと僕は言いたい(笑)


それにしてもフォトフレームのオイル塗装、上手く、」美しく、仕上がりましたね!
僕もみっちり木工に浸りたいなぁ(#^.^#)
2014.01.15 17:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/200-b5e44ef1
該当の記事は見つかりませんでした。