家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
お母さんの机

お母さんのつくえ 18

では、何から作ろうか。

ここは、私の家ではないので彼女の言うがまま…応えるほか選択肢はありません。
間髪入れず注文が入りました。

ハンガーラックです。

彼女は事前にネットで調べ、プリントアウトした写真を私に見せて「こんなのが欲しい」と言いました。
そのハンガーラックはフレームが全て木で出来ていて、底の部分だけ皮製でした。値段を見ると3万円と表示されていて、改めて『これは自分で作るしかないな』と思ったのです。

とはいっても、細いフレームを自分で加工する道具などありませんので、木を買った時そのお店でやって貰えばいいや・・・と安易に考えていました。

帯広のホームセンターなら立派な機械があって、それを使うプロがいる。そう思い、大小三本の丸棒と細長い板4本を買い、加工サービスコーナーへい行きました。
 熟練そうな年配の方に、ここをこんなふうにして欲しいとお願いし、その後店内をウロウロと徘徊。

頃合をみて、出来上がりを確認すると・・・

顎然です、頼んでおいた穴が3ミリほどズレていたのです。
その年配の方は『どうしてこんな事になったんだろう・・・』と言うのですが、別に謝る様子もなく加工の終わった材をただ眺めていました。

私はとくにやり直してもらう訳でもなく『いいです、別に』という感じで、二度と頼むまいと思いながら、お金を払いお店を後にしました。

皮の部分は知人から分けてもらう事にしました。
その方は、私が高校生の頃からお世話になっている人で、音響会社社長婦人のちづるさんです。
ちづるさんは数年前から〝工房L″という名でハンドバッグなどの革製品を作っていて、そこへお邪魔すると絨毯のように丸められた革がいつもたくさん立てかけられていました。
014_convert_20120226214425.jpg
事情を説明し、快諾を頂きました。

ちづるさんは私の無知を察して、革を丁度良いサイズに裁断して、糸を通す穴を空けてくれました。
更に、無いと困るだろうと、革細工用の縫い針と糸まで用意して戴き、何から何までお世話になり、ただただ恐縮です。
革材だけ頂き帰ってきたら、きっとどうしたら良いか私は困っていたでしょう。

終始、出来上がりのイメージを説明したのですが、どうやらあまり伝わらなかったようで、完成したら写真を送る約束をして感謝しながら広尾へ帰りました。

夕方帰宅。

材の加工は済んでいるので、すぐに組み立てです。 
分けて頂いた革も、ちづるさんのレクチャーのおかげで無事縫い付けることができました。

018_convert_20120226222637.jpg
わりと、すぐに出来あがりましたが、如何せんあのホームセンターの加工のせいもあり、少し傾きかげん・・・
020_convert_20120226223613.jpg
019_convert_20120226223750.jpg
まあ、コレはこれでよしとしておきます。
私の彼女は結構、気に入っておりました。

 

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/19-bc7b8c77
該当の記事は見つかりませんでした。