FC2ブログ

家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

北海道広尾町で木製品を作っています
MENU
道具

自分の道具を作る

注文の仕事の合間にこんな物を作っています。

こういうテクスチャーというのか丸ノミを使った彫り込みがマイブーム(古い?)になっているのですが、ノミの厚みが邪魔していいるようで一発で綺麗な掘りが難しく、1箇所掘るのに2回3回と刃を入れていたんです。

DSC_1384.jpg

これを何とか一発で彫れないかと考えて、彫刻刀を購入しました。

しかし馴染みの刃物屋さんでは私の欲しい丁度良いサイズが無くて仕方なく一寸幅の彫刻刀を買い、グラインダーで24mmくらいまで削って、試しに彫ってみるとやはり彫刻刀は厚みが薄いからなのか一発で綺麗な彫りが出来るようです。

即席で作った柄がダサいですね。

DSC_1399_20191014001603d9c.jpg

この彫刻刀はこれで使えないことはないのですが、幅が広すぎて無駄が生じます。

で、この幅の彫刻刀はラインナップとして持っていて損はないはずなので、別途同じ一寸の浅丸彫刻刀を追加購入し、欲しいサイズに切って使うことにしました。

何故こんな無駄な事をしているかというと、馴染みの刃物屋さんの在庫を購入すると仕入れた30年ほど前の価格で売ってもらえるからです。
在庫にないものを取り寄せる場合は当然現在の価格(二倍程)になりますからね。


これを金切ノコで軟鉄部分を切って、万力ではさんでペンチでグイっとやるとパキっと折れるそうです。

DSC_1451.jpg

しかし、そんな言うほど簡単ではありませんでした。
いくらグイっとやっても鋼はびくともしません。もしかして鋼部分にも少し切込を入れないとダメなのかもしれませんが、そこまでやる気になれずトンカチでガンっと叩くとパキンっと汚く割れました。

DSC_1453.jpg

これをグラインダーで色々と削って整えて、時間は掛かりましたが新しい道具として完成しました。

彫刻刀を柄にガンガンと叩き込んだら柄が割れてしまったので麻紐で補強し瞬間接着剤で固めました。

当然、キンキンに研ぎ上げてから使うのですが、思っていた通りよく切れます。
深く彫ろうとするとムシレる感じになりますが、その点を注意すれば一彫り一発で決まります。
写真はナラの古材を使っていますが、柾目よりも板目の部分の方がサクサク切れて気持ちいいです。

DSC_1491_201910140016008f4.jpg

会社勤めをしていた時の先輩方が口を揃えるように「一人前なら自分の道具は自分で作るのが当たり前だ」と言っていたのですが、その手作りの道具はお世辞にも私には使いやすい良い道具には感じませんでした。

餅は餅屋というように、何故専門の業者に発注しないのだろうかと思っていたわけですが、今はなんとなく解ります。
冶具作りもそうですが、なかなか一発で思ったような道具が出来ないんですよね。

問題は今すぐにでも解決したい、そうでないと色々と間に合わないことが起きてしまうので。
そして、暇なときは腰が重い(笑)

スポンサーサイト



道具

刃物の手入れ②

鎬が丸い奴はまだ可愛い方で、なんと表現したら良いか判らないのですがとにかく滅茶苦茶な奴を回転砥石で荒削りしようと、荒削り用の400番位の石なのかな? これに交換して回すと物凄い振動がありました。

原因は砥石の座金というのか金属の台との接着が剥がれていたんです。

仕方ないので残っていた接着剤を丁寧に削り落として、天気が良かったので屋外で乾かしました。
既に水を着けていましたからね。

DSC_0831_20190523034423301.jpg



半日くらい干したでしょうか、まあまあ乾いているようなので接着剤をつけます。

この場合、どんな接着剤が適しているのか、そして適した接着剤が手元にあるのかどうか、そんなことを調べるのも億劫だったので多分これで良いんじゃないかなと、普段使っているエポキシを塗ってみました。

DSC_0832_2019052303442466e.jpg



クランプでガンジガラメに。

DSC_0833_20190523034425b0b.jpg

30分硬化型なので相当の時間をみてクランプを外し、実際に使ってみると特に問題ないようでした。
助かった~



何枚もある鉋やノミの凌ぎを削り、実際に切れるようにするまでには気が遠くなるような作業でしたが、2~3日かけて休み休みでしたが根性で終わらせました。

全ての鉋は仕込み直した際に試し削りをしたのですが、その中で一台だけ不思議な小鉋がありました。
仕込み直しと言っても刃口の埋め直しまでは今回はやらなかったのでガバガバですが、一枚刃なのに逆目が出ないんです。

DSC_0834_20190523034427bae.jpg

↑右側の赤矢印辺りが逆目になっているんですが、逆目掘れが起きていません。



まあ、刃が凄く切れる始めのうちだけの事なんだろうと思いますが、こんな事もあるんだなと関心しました。

DSC_0836_20190523034428ed0.jpg

数日間集中して刃物の砥や台直しをやっていたので少しは上手になっていたのでしょうな。


まだ使い物になっていない刃物があるけど全部やる時間もありませんから、優先順位を決めてやり始めたのですが、やり始めると「アレもやっておいた方がいいぞ」「これもやっておかないと、きっと後悔する」などと言っていたら当初予定していた数よりだいぶ増えてしまいました。

DSC_0830_20190523034421129.jpg

まだ他にも直さないと使えない古道具や新品(少しだけ)もありますが、今回はこれで止めておきます。
指は毎日爪の中まで真っ黒、腕腰首もヒーヒー言っていますが、これで一安心。





道具

刃物の手入れ①

溜まっていた刃物手入れをしていました。

自分で使って消耗したもの、新品、頼まれ物の古道具。

DSC_0826_201905212118298f0.jpg

古道具の手入れ依頼は、新品が購入できるほどお金をいただかないとならない場合が多いので通常ですと依頼を受けてはいません。
これは、私なんかに依頼をする人は大概にして、どうにも使い物にならない状態で「直してくれ」って持ってくるからです。そもそも使い方の上手な人は自分で手入れしますよね。

今回の頼まれ物は私の数少ない親戚の叔父さんからの依頼で、その叔父さんのお父さんの遺品なんだそうです。別に、実使用するわけではないが、手入れをして自身の息子に引き継がせたい旨のことでしたから引き受けました。

でも、ヤッパリ、この通り。↓

DSC_0817_201905212118239ea.jpg

台が割れて、ボルトで補強していたり、鎬は滅茶苦茶、サビ止めにラッカーか何かを塗っていたり、もう散々です。
恐ろしくて触りたくもありませんが、昨年亡くなった我が父と同い年の叔父さんですから、出来る時にやっておかないと後悔しますから(笑)

一台だけ、そんなにイジメられていない奴がありました。
昭和45年12月、値札に4500円とあります。50年前に買った物なのでしょうか、当時の4500円って今の如何程なのかピンと来ませんが、それほど高価なものではありませんよね?

DSC_0818.jpg

色々と突っ込みどころ満載で、これを全て治すとなると気が遠くなりませが、やり始めなければ終いがありませんから強い意思をもってやります。

先ずは鉋の裏だしから。

DSC_0819.jpg


裏押し。
今更実使用しないだろうと思うので、最低限くらいの感じでやめました。

DSC_0821_20190521211827671.jpg


耳落としはグラインダーで。
耳部分の二段砥のような、ケチリンというのでしょうか、その部分は回転砥石でやります。
一節によると、物によっては50℃で焼きが戻る事があると聞いたのでグラインダーは最低限しか使いたくありませんでした。

DSC_0829_2019052121183126d.jpg

この号続く

道具

CNC

スプーンなどの直線や平面の無いヘンな形をした物を作る際に、もっと効率的に作ってなんとか利益を出せないものかと思案して、昨年から小型のCNC(自動彫刻機)を導入していました。

CNC本体の写真を探したのですが何故かこんな↓写真しか無かったので今回はこれで勘弁してください。
こんなふうにプログラムした通りに掘削する機械ですな。

DSC_0679_2019051722124324a.jpg

これで大儲け出来る!!
なんて、ほくそ笑んでいたのですが、掘削量の多いスプーンなどはこの機械をもってしてでも難しいようです。
スピンドル(モーター)の出力がたしか120wなので、一度に掘削できる深さは1mm程度。
なので物凄く時間がかかるし、ビットの消耗も激しいですからこの機械で作ったからといって決して安く上がる事は無いようです。
スピンドルや各駆動系のパワーがある機械であれば違うのでしょうが、私の機械では単価の安い物を作るには向かないと思います。

機械本体やソフトなどの減価償却や消耗するビットを考慮するとって事ですよ。

一時、こんな↓スマホスピーカーを作っていたのですが、この場合は掘削時間に裏表合わせて2時間半費やしました。これを2個作ったら4,000円以上するメーカー推奨のビットはもう既になまくらになっています(涙)
なんとか一個10,000円で売って利益が出ないかな・・・と思っていましたが掘削だけで10,000円かかってしまします。

DSC_0565_201905172212398d7.jpg



オープンクローズのサインを作りました。これは彫り込み1mmで裏側にopenを刻んで、両面で1時間くらいでした。(条件により大きく変わります、今回はVビットをつかいました)

DSC_0606_2019051722124077e.jpg

これくらいの掘削量であれば現実的になってくるようですな。
後はノウハウで利益も確保出来そうですが、決して安い価格にはなりませんよ。


これは卓上席札。これもVビットによる彫り込みでビットがまだ切れる状態で50分くらいでした。

DSC_0622_20190517221242ed6.jpg

墨流しでウレタン仕上げ。10,000円いただきましたが私の給料分少し出たでしょうか。
専門的に表札を作っているわけでありませんから、仕事が遅い事も大きいと思います。

移動の時期で席札を新調したいのだが予算が無いので印刷会社に頼んでシールを発注したという案件を聞きました、元々ある席札の上にシールを貼るだけなのですが15,000円かかったそうです。
私の金銭感覚が変なのでしょうか。
うちに頼んでくれたら10,000円で作ってあげたのになー。

でも、だんだん見えてきました。

一点物のオリジナル、既製品にはない別注誂品であれば多少高価であっても価格訴求出来るんじゃないかな。


こちら↓は我が「くるみ会工房」の焼印。

DSC_0711_2019051722124468a.jpg

軽金属用の2mm経のビットと60°の金属用Vビットを併用して深さ0.1mmづつ削って2時間くらい。

私も会員になっている「くるみの会」からの発注で、自分でも使うだろう物ですから真鍮とビット、電気コテ代だけいただいて7,500円。安い?高い?

通常であればデータ制作料も入れて15,000円~20,000円くらいになりましょうか。
私の場合デザイン料まではもらいにくいですが、これをデザイン会社に発注すると2~3万円は上乗せになるはず。
これも焼印専門の業者にはかなわないかも知れないけど、なんとか商売として成立しそうです。


表札です↓

DSC_0802.jpg

こだわりのオリジナルで、お客様が納得するまでデータの調整をしました。
できれば校正と修正は二回くらいで終わらせていただきたいですが、苦労した甲斐あってカッコウイイ表札に仕上がりましたから私もお客様も大満足です。

この大満足をお客様と共有できる、そんな仕事が目指す一番のところです。

私のCNCは楽して早くたくさん作って安く売っても採算が合うような仕事をする機械では無いようです。
思えば私が木工を仕事にしようと考えた際に価値のある物をじっくりと妥協なくやりたい。そんな風に思っていたのですが、手仕事も機械で作る物も結局同じなんじゃないかなと思うようになりました。
CNCは仕上げまでやってくれるわけではありませんし。

道具

帯鋸

協和の古い帯鋸を使っているのですが、これがなかなか上手くないんです。

何が上手くないかと言うと、帯鋸の刃なのですがスイッチを入れるとドーンと動き出して刃が手前に外れてしまうんです。

DSC_0121_2017011908041102f.jpg

曳き廻し用なので鋸幅は現在9mmから25mmを使っているんですが、幅に関係無くガシャンと外れて刃を痛めてしまうんですね。

テンションをパンパンに張ると始動時に外れる事はないんですが、そうして使っていると今度は割と早い時期に亀裂が入り切れてしまうんです。

切れる場所は刃の繋ぎ目が多いのですが、繋ぎ目に関係なく全体に無数の亀裂が入っていた事もありました。

これではマカタシナイです。

さて、どうしたものか・・・

このカテゴリーに該当する記事はありません。