FC2ブログ

家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

北海道広尾町で木製品を作っています
MENU
日記

材料の入手

今年は雪が少く、例年春先にやる国道沿いの伐採が行われていました。

私の工房の直ぐ近くの木も伐られていたので国道を管理する開発局に電話したら、「どうぞ、どうぞ、ご自由に持ってってください」との事でした。

DSC_1745_20200213221028979.jpg

ハンとクワはバッサリやられていましたが、結構立派な桜は枝のみ剪定されていました。

運材はソリで引っ張り出します。
国道に出すと車がビュンビュン走っているので危ないから農地と道路用地の境を通るのですが、ここは雪があるし車も入れないのでソリを使いました。

シバレて雪が締まっていれば軽く曳けるのですが、今年は暖冬で雪が緩くソリを引っ張るのも一苦労です。

DSC_1746.jpg




こちらは別の山林の現場。

DSC_1750_20200213221031f57.jpg

2メートルある材はバイオマス燃料にまわすのでチップに加工されるそうです。
追い上げや枝分かれを去るために短く切ったドンコロはゴミと呼ばれています。
この現場管理者と地権者のご行為で運べるだけいただきました。

造材の現場は除雪されていたので運材は車まで二輪車で運びました。
現場は本当のオフロードなので二輪車を使っても相当な重労働です、二輪車に積むだけで骨が折れます。
材はニレ、タモ、クルミ。ナラも少しありました。

DSC_1751.jpg

これを歩板を転がせて自家用車に積み込む。
現場は工房から割と近くにあったのですが、何度も往復するとあっという間に日が暮れてしまいました。

DSC_1749_20200213221034d21.jpg

乗用車をこんなふうに使っていますから、もうあアチコチひどい事になっています。


かなり集まりました。
これはほとんどナチュラルエッジボウルなどの材料にする為チェンソーで半割にします。
春になると乾燥が進み割れてしまいますから、できる限り厳冬期のうちにやっておきたい作業です。
最近、古い機械ですが50ccのチェンソーを入手したので作業スピードが格段に上がりました。

DSC_1770_20200213221037a01.jpg




こちらはまた別の現場、某作業場の土場です。

DSC_1773.jpg

旭川の原木市へ上場する木の棚卸をしているところにお邪魔しました。
お世話になっている林業関係者さんたちから安く仕入れさせていただきました。

国道の剪定木や山林のゴミは承諾を得て無料でいただいていますが、自分の日当を考えると林業業者さんから購入する方が絶対安いです。
製材工場までの運材費用込み込みの価格だし、身体も車も痛みませんから。

しかし、自分で伐ったり、妻と二人で物凄く苦労して運び出したりしてゲットした材は特別な感覚があります。
そんな木を薪にして燃やしてしまう際にも、ストーブに放る瞬間に山林の現場の風景や地権者さん現場管理者さんの顔や妻の悲痛な表情がフラッシュバックするように思い出すのです。


スポンサーサイト



日記

お久しぶりですm(_ _)m

気が付くと2ヶ月程更新が滞っていました。
いけませんねぇ・・・
ブログの更新が出来ないほど忙しかったのは本当ですが、それなら相当儲かってるんじゃないの?と普通なら思いますよね。
でも全然なんんですよ、貧乏暇なしって言うやつです(涙)


で、いつものダイジェストで報告させてください。


新規オープンのお蕎麦屋さんの看板を作りました。
再利用の古材の桂でCNC加工、文字に色を流し込んでウレタン仕上げ。
設置も妻と二人でやりました。
この時、凄く面白い事が起きたのですが長くなるので割愛。

DSC_1463.jpg



焼印の注文制作と以前納品したやつのやり直し。
失敗は私の一番の先生で、おかげで焼印の品質も安定し恥ずかしくないものが出来るようになりました。
実験台になってくれた関係者の皆様、感謝申しあげます。

DSC_1483_20191215022239a93.jpg



こちらは35mm×35mmの過去最大サイズ。
電気ゴテのパワーも必要で一つ上のクラスのコテを使っています。

DSC_1519_20191215022242552.jpg



年末の大量受注に備えて22mmクルミ材を人口乾燥機(外注)に入れました。
挽きたての生木が一ヶ月で使えるようになります。
便利な時代になりました。
バイオ乾燥機というやつなのですが、いかにも棧棒が足りてません。
この倍は必要でしょう。
初めての付き合いだったので口出しはしませんでした。

DSC_1500.jpg


お盆やトレーなど仕上がりました。
展示中ではなく、乾燥養生しているところです。

DSC_1531_2019121502230975f.jpg


ナチュラルエッジボウルも二つだけですが作りました。
今回は試しに鉄媒染で錆染めしたのですが、ニレ(右)は凄く良い感じ、クルミ(左)は色が濃すぎて木目が目だななくなりました。
コンセプトにもよりますが、クルミやナラなど漆黒に染まるやつはアンモニア燻蒸の方が良いのではないかと考えています。

DSC_1533_20191215022310862.jpg



11月に入ってすぐ、上京して渋谷のクラフト展に参加してきました。
野外イベントの参加は数年ぶりで、座って接客はないだろうと思い二日間根性で立っていて脚が棒になりました。

DSC_1545_20191215022312060.jpg



こちらは毎年恒例となった妻も参加している「冬が来る前に」展。
私の展示コーナーは別にあるのですが、妻の作品の下敷きにも使われておりました(汗)

DSC_1621.jpg

この合同展示会が先日会期を終えて、いよいよ今年も終わるのだなと実感します。

日記

センターテーブル①



私の小学校の同級生が新築住宅完成に合わせてこの木を使って何か作って欲しいと相談があり、検討の結果センターテーブルを作る事になりました。

材料は同級生が何故か持っていたナラの・・・
未使用なので古材でもないし、でも激しい虫食いと割れがあって、確か以前林業関係者から教えてもらった言葉で「こさん材」(漢字不明)というのがあって、それは原木の状態で山林に長らく放置されて鉄砲虫にやられまくったり、バクテリアに犯された材の事を言うらしいのですが、そんなイメージの材料でした。

因みに鉄砲虫と言うのはこちら地域の林業関係者の通り名で、鉄砲玉のように直線的に芯の方へ向かって喰い進む何かの幼虫のことで、それが何という虫の幼虫なのかは不明です。

同級生が誰かから貰い受けたもののようですが、それが製材後材が傷んだのか挽く前からだったのか知る由もありませんが、硬い楢でもこんなに喰われるのだなと感心するほどです。

しかし、これはこれでワイルドな風合いになるのではと期待を込めてテーブルに仕上げる事にしました。


先ずは荒木取りをして様子を見ます。

DSC_1163.jpg



傷んだ部分を避けるように片耳を落として見ると、まだまだ虫喰いゾーンがあるので更に切り落としました。

DSC_1167.jpg



一応並べてみるとこんな感じ。
一番狭い部分の幅で45cmくらいでしょうか、施主の希望は60cmでしたから別材をはさんで三枚ハギになりますね。

DSC_1168_20190920050701475.jpg



手押し自動にかけて材を真っ直ぐにします。

DSC_1181_201909200506598e9.jpg



接ぎ面を作る際にある程度削りますから、その分を見込んで余計に残しておいたのですが、まだまだ虫喰いゾーンを避けられていないようですな。

DSC_1184.jpg

ま、荒木取りなので今はこの程度にしておきます。


脚部などの部材も揃い、組み合わせるとこんな感じの天板になるイメージです。
足りない部材はうちの在庫から引っ張りだしてきました。

DSC_1186_201909200506562cb.jpg

持ち込み材が人乾か天乾か不明なので、このあとは余裕を持って一ヶ月程養生し狂いを出しきりたい。

日記

お盆を作っています②

各面をノミやカンナ、小刀で整え素地調整。研磨は刃物痕を落としすぎないように320番と1000番でサンディングしました。

楢の平ノミバージョンと桜は鉄媒染で染色。
楢はタンニンが豊富なのでしょう、凄く濃い色に染まっています。

DSC_1177_20190918205718679.jpg



楢の丸ノミバージョンはそのままオイルフィニッシュ。
これも良い感じです。

DSC_1236_20190918205720169.jpg




鉄媒染2回、オイル二回で桜はこんな感じに。
渋い。

DSC_1230.jpg




楢の割れには山葡萄のツルで結びました。

DSC_1286.jpg



山葡萄のツルは自分たちで近所から調達しました。
外側の皮は捨てて内側の皮を裂くように剥がして、束ねて乾かします。
一連のノウハウは野のかご作家の松岡えり子さんから教えていただきました。
えり子さん、ありがとうございますm(_ _)m

DSC_1296_20190918212413968.jpg



染色無し、オイルフィニッシュ。こちらも野葡萄のツルで編んでいます。

DSC_1292.jpg

日記

木工教室

箸作り体験教室をしました。

参加者は大人子供合わせて10名!
うちの極狭い工房で10名の参加者と関係者が4人くらいいたでしょうか。
物凄い人口密度で熱気ムンムンです。

当然、事前に材料や道具を用意するのですが、この準備に相当な予算と時間が必要で、参加料お一人1,500円いただいておりますが何回も何回もやってやっと採算が合う感じで、地域貢献などを込み込みで考えなければ出来ない企画です。

DSC_1119.jpg

この企画で一番の目玉は鉋の体験でしょうか。
体験としての面白さ、安全面を考慮して主な道具に鉋を用意しました。
しかし、本物のというか本職用の鉋を人数分用意するには全然予算が無いので、ネットで700円ほどの安物の一枚鉋を買いました。

こんな安物のDIY用でも、ちゃんと仕込んでやれば箸一膳分くらいは切れるだろう、それくらい、否もっと道具として使い物になるだろう、そのくらい日本の工業製品はちゃんと作られているはずだ。

そんな希望にも近い期待を込めて台と刃を仕込んで試しに箸を削って見ると・・・

DSC_1117.jpg

切れました。

良かった。

本当に良かった。

これで全然使い物にならなかったら、どうしようかと思っていたので助かりました。
それにしても凄いと思ったのは一枚鉋で刃口も広く設定してあるのに、逆目が起きないんです。
素人でも削りやすいように、材に素性の良いタモを用意しこともあるとおもうんですが、この鉋、意外といけます。


作業場も狭くてどうしようもないので、よけられる機械などは隅に追いやって場所を作りました。

DSC_1120.jpg



こちらは子供さんと同伴のお父さんのコーナー。

DSC_1121_20190911000330f7e.jpg



一生懸命指導していたので作業風景はありません。

所要時間2時間の箸作り教室はテンヤワンヤのドタバタ喜劇でしたが、完成品を持つ参加者みなさんの笑顔を見ると充実した時間を過ごしたことが伺えます。

DSC_0172_20190911000331e13.jpg



一連の木工教室がおわり、参加者が帰った後の静かな工房を見て、初めて鉋を操った皆さんのご苦労を思うと達成感もかなりあったのではないかな、と思います。

DSC_1123_20190911000333e34.jpg

この箸作り体験、好評だったようで次回は10月に行うことが決まりました。
場所はもっと広い所でできるようで、募集は最大15名との事・・・
更に道具と冶具を増やすということは、やはり採算面だけを考えて出来るもんじゃないですな。

このカテゴリーに該当する記事はありません。