FC2ブログ

家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

パンク修理

父の自転車。

DSC_0180_201809202249024a1.jpg

テレビのワイドショーなどに出てくるようなゴミ屋敷同然の店舗で本当に人一人が歩くスペースしかありません。

父がまだ元気なうちに少しでも片付けるように何度も言っていたのですが、本人にとっては商品であり商売道具であり、宝の山だったのだと思います。

DSC_0178_20180920224900050.jpg

それでも今年の春先にここの看板を降ろす手伝いをしてくれ、と言ってきた頃は自力で整理しようという気になっていたようでしたが、如何せん持病(心臓)持ちの年寄りでしたから「おい、片付けようと思って少しやってみたけど、こりゃ俺には無理だな」とニヤニヤしながら言うのです。

「どうせ、俺に全部やらせるつもりなんだろ」と私が言うと。

「その通り!」とは言いませんでしたが、そのニヤケた父の顔は「後は頼んだぞ」と言っていたように思い出します。

まだ四十九日も終わっていませんが、ここには私の仕事にも使えそうな道具もあるので帯広へ行った際は父の自転車屋に寄って遺品整理のようにこの雑品の山を物色しています。

自転車屋の中でガッサガッサと雑品を掻き分けていたら40歳(失礼)くらいの悲壮感漂う女性が自転車を押して来て、「後ろタイヤがパンクして・・・おじさん居ますか?」とパンク修理依頼のお客さんでした。

父が先月亡くなって商売はやっていない事を伝えると、「信じられない」という顔をして「せっかくお父さんと仲良くなったのに。じゃ、どこでパンク直してもらったら良いんだろうか」と漏らしました。

8年前から家族全員分の自転車の面倒をみてもらっていたと言うその女性に、少し遠くなるけどまだ商売を辞めていない最寄りの自転車屋を紹介したのですが、パンクした自転車を押してそこまで行くことにためらっている様子・・・

「俺でも良かったら、やってやるかい?」

8月と9月は全然仕事をしていなかったので早く工房に帰りたかったのですが、仕方ないですね。

私は子供の頃からここで父の仕事を見ていたし、25年くらい前になりますが自転車と石油ストーブの修理修繕を教えてもらった事があって腕に覚えがありました。


前輪のパンクより後輪のパンク修理の方が面倒なんだよな・・・などと思いながら作業を始めると、その女性はドッカリとアスファルトに座り込んで父の事を話しだしました。

DSC_0146_20180920224859d33.jpg

店はとうに閉めているし私は仕事だと思ってもいないので、その女性とのやりとりは全くのタメ口でお客さん扱いをしておらず、まるで昔からの顔見知りのように応対していました。

モタモタとしながらもパンク修理が終わりましたが人助けのつもりでやったので「お金は要らないよ」と言いましたが、「本当に助かりました、本当にありがとう」と泣きながら1,500円を私に差し出すので無碍にできず「じゃ、これで線香買わせていただきます」と受け取りました。

仕方ない、やってやるかと思ってやったパンク修理でしたが、「本当にありがとう」と何度も言われて何だか不思議な感情が沸いてきました。

父はこんな商売を50年もやっていたんだな。



20年以上ぶりのパンク修理を簡単にやってこなして見せましたが、内心はドキドキで身体は汗ビッショリでした。

さあ、もう帰ろう。と、思ったら矢継ぎ早にお客さんらしき年配の男性が声を掛けてきました。

「父さん居るかい?後ろタイヤがパンクしちゃってさぁ。あそこのホームセンターでパンクしにくいタイヤを買ったんだけど全然ダメなんだよなー」

先ほどの女性同様に商売を辞めた事を説明すると、やはりビックリして落胆していました。

どこから自転車を押してきたのか分かりませんが、その齢70と思しき男性がとても疲れた顔をして私を見つめるので「俺も出来るんだけど・・・やる?」と、眉間にシワを寄らせながら微妙に首をかしげるとその男性はニッコリと微笑んで「おぅ、やってくれ」と。

作業中、私「俺、仕事じゃないからね、だからお金は要らないよ」おじさん「いいって、いいって」を何度か繰り返しながらその男性は父との思い出話をします。

そして、先ほどの女性もそうでしたが、こうやって↓自転車を抑えたりして手伝ってくれるんですね。

DSCPDC_0003_BURST20180914145554720_COVER.jpg

修理が終わって、もしかしたら上手くいってないかも知れないからやっぱりお金は貰えないと言ったのですが、一部始終を覗き込むように見ていたその男性が「上出来だ、これで花でも買ってやれ」と1,500円くれました。

「すみません、ありがとうございます」 うっかり、大泣きしそうになりました。


小一時間で二件のパンク修理。たいした設備も必要でないし接客に神経をすり減らす事も無いのに時給3,000円だったら今の私の仕事より儲かるな。慣れてきたらその倍はいける。

商売って商品やサービスを売って、丁寧な接客をすればただそれで良いわけでは無い事は分かっていたけれど、来るお客さんが皆親戚のようなこんな商売がまだあったんだな。

私がまだまだ若い頃は、いつも汚れた作業着でいつも汚い手をして、貧しい生活を強いられる父の仕事に何の魅力も感じなかったけど、父が50年もの間この仕事に拘って続けていた気持ちが今は解るような気がします。


またまたお客さんが来て、やはり自転車のパンク修理依頼だったのですがその人は自動車に積んで来ていたので最寄りの自転車屋を紹介してお断りしたのですが、これまでの父との関わり方を思い出すように語って「自転車屋さんがどんどん無くなってしまって、最後どうなっちゃうんだろう・・・」と言っていました。

地域の自転車屋が激減した今はそれなりの需要があるようです。

帯広へ戻って自転車屋継いじゃおうかな・・・

否、否、ダメ、ダメ。

私は私の道があるのだ。




スポンサーサイト
日記

更新が滞っていた期間の出来事

例によってダイジェストでお送りしますm(_ _)m


スマホスピーカー、ロードホーンの進化形!
時間をかけて試作しましたが、期待ほど音質音量とも向上しませんでした(涙)
DSC_0079_20180918210506cd4.jpg
でも、カッコイイですよね! 完成後は見えなくなりますが・・・



私の作った額縁(50号)に入った画が佳作入選!(額縁も評価対象?)
DSC_0089_201809182105079af.jpg



ピザ用のカッティングボードをつくりました。
DSC_0099_20180918210509bbd.jpg
注文分もあり都合30枚くらい作ったと思います。在庫少しあります。


長さ35cm幅約25cmの普段使いまな板。(サクラ・カエデ・サクラ)
DSC_0108_20180918210510616.jpg
これ結構人気になっていて既に4名の方から注文いただき、10枚以上つくりました。
現在受注製作のみですが、年内に展示販売用の在庫も用意しようと思ってます。



直線直角がほとんど無い一点物のカッティングボード。
DSC_0147_20180918210513417.jpg
目標50枚で作っていましたが、半分位作った頃に帯鋸が破損、帯鋸の在庫切れで現在仕上がっているのは20枚ちょっとだけ。展示販売ようです。


知る人ぞ知る某有名人の別荘にて、デッキのガーデンテーブル等を研磨修繕。
材はアガチスなのかな・・・
DSC_0161_2018091821051561d.jpg
先ずはベルトサンダーでガーっとやってランダムアクション、オービタルの順。

オーナー様の要望で研磨のみ無塗装です、汗ビッショリのクタクタになりました。
DSC_0163.jpg
この量を一日でやると当然筋肉に悩まされます。
膝関節もやっつけてしまった(涙)

こうやって振り返ると全然働いていなかったようで、意外とやってるなぁ、という気分になるのですが、売上にすると全然やってません。
さぁ!頑張って働くぞ!支払いの為に!!

日記

8月何もできずに終わっていました

しばらく更新していない事は妻にも何度も言われていたし私も分かっていたのですが、落ち着いてパソコンの前に座って、たわいも無い記事を書く余裕がありませんでした。


暖かいこの時期はボンドや塗装の乾燥硬化に適しているのでバンバン作品作りに励みたいところでしたが、8月に入った途端に父の緊急入院⇒即日退院⇒翌日また入院⇒一週間後死去⇒妻、数年ぶりの風邪をひき絶不調⇒葬儀⇒長女の入院⇒何日かして退院⇒実家(私のところ)で療養⇒父の死去に従う各種手続き⇒このタイミングでくるか!?の大地震⇒二日間のブラックアウト!⇒工房の地域は三日間停電⇒ガス欠寸前だったので身動きできず⇒停電復旧ガソリン満タンなるも全ての通信がダメ状態で多くの企業が臨時休業⇒懇意にしている方の不幸が立て続きに二件あってその都度帯広へ⇒帯広へ行ったついでに父の遺品整理などなど

気が付くともう9月も中旬です。

まだまだ全てが片付いたわけではないので遺品整理などは追々やる事になりますが、私が広尾町で親族が帯広市なもんで毎回の移動時間とガソリン代を考えただけでため息が出てきます(涙)

父の葬儀は私が喪主だった事もあり忙しくてシンミリする暇も無かったのですが、正直な話葬儀の翌日長女の入院、毎日の用に面会してた頃が精神的に一番きつかったな・・・

1ヶ月半に及んでろくに仕事ができなかった事は物凄く痛いですが、その分色んな経験ができて良かった事もありました。

以前、「人間万事塞翁が馬」という言葉を教えていただいた事があります。

嵐のような出来事をだいたいやり過ごした感のある今日この頃、次はその分大きな良いお知らせが出来る事を祈ります。

DSC_0140-EFFECTS.jpg 








木工製作記

iPhone5専用スピーカーを作っています ②

iPhone5のスピーカーを試作している最中ですが、私のスマホはXperiaなので形が全然違うので試聴が出来ないので自分用のを作って改良しながら音を確認する事にしました。

この時点で採算は無視しています、最初は半ば無理無理作っていたのですが実際に音を聴いてからハマってしまいました。

先ずは試作1弾と同じ構造、フォスナービットで開けた深い穴と裏側から横一文字に切った溝が内部で貫通しているタイプを自分のスマホに合わせて作りました。

DSC_0055_2018072904250853e.jpg

やはり、音は大きく聞こえますが音質は全然ダメです。


掘削量が極端に増えて時間が滅茶苦茶かかりましたが音に拘ってこのような↓構造にしました。

ルーターワークなので淵がボソボソ、試作第一弾の流用なので不要な溝も残っています。

DSC_0056_2018072904250982c.jpg

視聴しましたが、イマイチ期待した程ではありません。



不要な溝がそのままだったのでテープで塞ぎ、傾斜板のような物もテープで設けました。
ポートと呼ぶのでしょうか、音の出口(赤矢印)の穴をまん丸から楕円にしたりして工夫しました。

DSC_0057_20180729042511cb2.jpg

改良前後の聴き比べが出来ないのですが、音質も音量も格段に上がっている実感があります。



これをiPhone5用に加工するとこう↓なりました。

DSC_0059_20180729042512d4c.jpg

ポートの形はまん丸のままですが、楕円にできるほど内部の広さを稼げなかったので仕方ありません。


そして楽しみで仕方ない視聴です。左が試作第一弾、右が第二弾。



おお、なかなか良い!

なんか、凄くいいんじゃないか!

と、依頼者様と二人で盛り上がりました。

木工製作記

iPhone5専用スピーカーを作っています ①

太鼓の記事の途中ですが、只今凄く面白い事に取り組んでいるので取り急ぎ時系列を無視して報告させて下さい。

2週間ほど前からiPhone5専用のスピーカーの特注品依頼の試作に取り組んでいるのですが、やりだしたら面白くてのめり込んでしまいました。

この時点で、良い音を出す為のノウハウはゼロで、ただ音が少し大きく鳴れば良い程度からはじめました。
それでも結構面倒なもんです。依頼者様のご希望でケースに入ったまま、充電しながら聴けるようにとの事で最低限音漏れがしないよう図面を引いて正確に加工出来るよう気をつかいました。

DSC_0033.jpg

先ずは簡単な部分から、30mmフォスナービットで適当な深さで穴↑を空けてからルーターで溝を掘っていきます。


iPhone本体を挿入する面(上面)はこんな↓感じに。矢印部分が充電コードが収まる溝です、箱全体の大きさは長さ200mm幅90mm厚さ36mm。

DSC_0035_20180722221407c9d.jpg



これは↓裏面。当初、電源コードの溝は通しにぜず、裏面に対して1mm残しましたがコードが意外にも固くて少しでも深さを稼ぐ為に切り落としました。

DSC_0058_201807222214083ce.jpg

裏から掘った音の通り道は30mmの丸穴と内部で繋がっていて、裏面の溝はインレイで塞ぐだけにしています。(インレイの写真は割愛)

で、早速視聴です↓



こんな簡単な構造でも音が増幅されて大きく聞こえるようです。

でも2.5k辺りの中音域ばっかりが強調されて耳障り、聴いていて疲れてしまう嫌な音でした。

なんぼなんでもこれではいかにもやっつけ仕事です、依頼者様はこれでも喜んでいましたが作った私は妥協できる代物では無く、更に電源コードの硬さのせいでiPhone本体が前方に傾いてしまいます。

本体挿入部分の彫り込み(10mm)も浅かったようなので全体に厚さを10mm大きくして試作第二弾に挑みます。

この号続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。