家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

四方反り鉋の台直し 

四方反りの豆鉋が切れなくなってきたので台直しをします。

先ずは適当な切れっ端の薄板を台直しをする豆カンナで切れなくなるまで削り続けます。

薄板くらいなら台が狂っていても削れます。

DSC_0093.jpg

これをテンプレートにしてシナランバー15mm二枚に線を写します。

DSC_0094.jpg



ついでに定規も作る事にしました、シナランバー5mmに線を写します。

DSC_0095_20170404214924764.jpg



線を移した材を線の約1mm外側で切り抜きます。

DSC_0096_20170404214925150.jpg



テンプレートを線ギリギリに貼り合わせ、習い加工。

DSC_0097_20170404214927497.jpg

↑これをテンプレートにして二枚目を張り合わせ(実際にはネジで固定)て更に習い加工をしました。

便宜上、フラッシュトリムビットを使っていますがテンプレートビットを使わない理由はありません。

DSC_0099_20170404214928f7d.jpg


両面テープにサンドぺーパーを貼り付けて台直しが完成。

DSC_0100_20170404214930b84.jpg



この台直しを使って定規を整えます。

台直しに密着するまで擦りつけたら四方反り豆鉋用のR定規が完成です。

DSC_0101.jpg



肝心の四方反り豆鉋の台直しです、反り鉋の台と違いただ前後に擦るとただのR(反り鉋)になってしまうので台を左右に傾けながら前後に擦り削ります。

DSC_0104.jpg



サンドペーパーは180番、過ごし擦るだけでこんな↓感じ。

白くなった部分が削れたところ。やはり中央が減っている事が分かりますよね。

DSC_0105_20170404214934a0d.jpg


更に3分ほど擦るとだいたいイイ線まで直りました。

DSC_0106_201704042149364d2.jpg

矢印の部分までは届いていませんが、ここまで直す必要は無いと判断。

試し削ですが、当然スッパスパです。

DSC_0107_2017040421493733b.jpg

これでストレス無く仕事が出来ます。
関連記事
スポンサーサイト

category: 治具

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/635-13c24486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム