家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

カッティングボードを作っています 

4月にまた帯広で展示会を予定しています。今回は1週間の長丁場なので出展用の作品を作り始めたいのですが、在庫を切らせたくないカッティングボードを先に作っておかなければなりません。

持ち手部分の加工を出来たての冶具で習い加工。所要時間は今までの3分の1くらいでしょうか。

DSC_0057_2017032621102514e.jpg

その他、サイズ違いのや依頼があって作った丸いカッティングボードはこれまで通りテンプレートを直接利用した加工方法でチマチマしてもどかしい作業をしました。

DSC_0056_20170326211024ea4.jpg

作れば作っただけ売れる事が分かっていたら専用冶具を用意するのですが、どうなるのか分からない物に冶具を用意する余裕がありません。



穴あけは形を整形する前にやっていたのですが、今回は思うところがあってここまで加工が進んでから空けました。

DSC_0059_20170326211027281.jpg

穴の面取りに45°のトリマービットをボール盤で試してみましたが、成功率がイマイチでした。

ゆっくり降ろして少しずつ削るとキレイにいくのですが、手動では調整が難しかったです。こういう場合ははルーターマシーンでやるべきなのでしょう。持ってませんが。



ベルトサンダーで外周を整えてこの後角っ子を丸面加工と進みます。

DSC_0061_20170326211028376.jpg


ルータービットで丸面に面取りした後にペーパーをかけますが、その前に水引して乾燥し毛羽を立たせます。

DSC_0063.jpg


写真は表面が既に乾いていますが、濡れている間はそれまで見えなかった様々な物が見えてきます。

水引した濡れ色の面を見ると「ああキレイだな」とか思うのですが、それとは全く逆のガッカリが発覚したりする瞬間でもあります。


赤矢印が指した二枚なんかは加工中には気にならなかったカビ等の汚れが残っていて使い物にはなりません。廃棄です。

DSC_0064_2017032621103113f.jpg

カビは50度以上だったかの温度で数分間晒すと死滅するそうです。写真左手奥に少し写っていますが私の場合、荒木取りしてから必ず薪ストーブに桟積みして2週間ほど60度から80度の環境で乾燥させますからカビなどの影響は衛生上問題無いハズですが食品を扱う物ですから見た目が悪いと印象が悪いですからね、変な評判が出回ってはいけませんから廃棄が妥当でしょう。

木材の保管は現状では屋外に桟積みしてブルーシートをかぶせるくらいしかありません、元牛舎も屋根が吹っ飛んでしまいましたから保管条件は屋外と殆ど同じです。

昨年の蝦夷梅雨とも思わせる長雨の影響は比較的新しい材料も残念な影響を残しました、立米単位で一度にたくさん購入している知り合いの木工家も屋外に養生している材料の3分の1はやられたと言っていました。

切ったり削ったりしてみないと、どうなっているか分からない事も多いですから今回のように仕上がりに近づいてからボツになるとショックが大きいです。

今回のは荒木取りの時点で3分の1の材料をハネてから更に加工中に3分の1がハネモノです。厳選した広尾産の材料を使っている事をうたって販売していますから仕方ありません。

貴重な無垢材ですから保管場所を整えるのは急務ですね。今年はどんな年になるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/630-4592efc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム