家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

丸いカッティングボード 

丸いカッティングボードの製作依頼が二件程入っていて、いつものように何枚か試作しています。

サイズはピザのMサイズが乗る程度の大きさ。ネットで調べるとLとSサイズに統一規格のようなものは無いようですが、Mサイズに至っては25cmとしているところが多いようですね。

なので、直径25cmを想定して一回り大きく26.5cmのまん丸に持ち手をつけた形にのテンプレートを用意しました。

DSC_0025_201703212213063d5.jpg

本当は直径28cmから30cmの一枚板で作りたかったのですが、仕上がり30cmにできる幅の広い材が無かったんです。

全く無い事はないんですよ、でもテーブル用に挽いてある厚くて広い材を切り刻んで僅か数枚のカッティングボードにするには勿体無さすぎますから。

で、用途未定のサクラの荒材があったのですが割れやその他の欠点を去ると幅広の一枚板が一枚しか取れなかったんです(涙)

で、今回制作分はその一枚を基準に直径を26.5cmにしてみたんです。

持ち手部分は新たなデザインではなく、当工房の人気カッティングボードの持ち手をそのままトレースしました。



試作品が一枚では足りませんから残る数枚は板ハギする事にしたのですが、ハギ面の木目が合わない事がどうにもイメージが沸かなくて、こんな風にしちゃいました↓

赤っぽいのがサクラ、白いのがカエデ、黒っぽいラインはブラックウォルナットです。

DSC_0022_2017032122130431b.jpg

接着剤はタイドボンドⅢです。食品OKで水に強い事が選択の一番ですが、その他に硬化後のグルーラインが白っぽく無い事やカチンカチンに固くなり研磨性が良いのでタイドボンドⅢを使いました。

この寄木のような組み合わせは既に色んな方がやっていますから独創性はありません。

もしかしたら盗作だ!と、言わせるかも。

はぎ合わせの板は都合3枚できました、もっと多く作れそうだったのですが寄せ集めの材料ではそう上手くは行かないです。



今回の組み合わせで一番期待できそうなのがこれ↓

真ん中の材はサクラなのですが、芯割れしていたのでその部分を去って木目をなるべく合わせたんです。

DSC_0024_201703212213052e2.jpg

青矢印が繋ぎ目です、イモハギなので若干の目違いとハミ出たボンドで繋ぎ目が目立ちますが面を整えた頃には殆ど気にならなくなるのではと期待を込めています。


関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/625-1d8c0880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム