家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

馬を作っています 

馬と言っても作業用の馬ではなくて、展示用の馬と言うかテーブルの脚部と言うか、まあとにかく什器として使う馬なので見た目にはこだわって作ります。

タモの一枚板で芯割れが激しい材があったので、真を去り荒木取りをしています。
長いまま基準を出すと材が薄くなってしまうので横切りから。

DSC_0774.jpg



まずは基準を出します、幅30cmの手押しがギリギリセーフ。

DSC_0775.jpg

幅が広い材を手押しにかけるのはなかなかの重労働です。



自動にもかけて、三面だけカンナ掛け。

DSC_0776.jpg




縦切り。
刻んだので内部応力が変わっているので、この状態でしばらく養生して狂いを出します。

DSC_0777.jpg

昇降盤の向こうに桟積みした材が写っていますが、これは新たに入荷した物ではなくて材料置き場にしている牛舎から一部を救出して工房内に移動した材です。

夏の長雨で保存状態が悪かったので表面をキレイにして積み直しました、必要な時に直ぐに使えるようにしておかないと後で後悔しますから。

これで工房内が狭くて作業がやりにくくなってしまいましたが仕方ありません。


関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 4

コメント

Re: Re: ちょっと質問させてください

ゆせーさん、こんばんわ。

材が生木に近い状態なのか天然乾燥が十分進んでいる状態なのか条件によってはもっと色々あるのですが、だいたいそんなところで良いのではないでしょうか。

でも基本的に屋外に保管すること自体良くないので可能であれな作業場の天井に近い所とか邪魔にならない場所に保管できれば良いですね。

私も室内に置ききれず屋外で保管してる材料があるのですが、半分位生き残れば御の字かな・・・が本音と言うか現状です。

木は原材料なのでお金と同じですから、余力があれば専用の建家を作るのが最優先に考えています。

URL | torayoshi #-

2016/10/10 23:13 * edit *

Re: ちょっと質問させてください

torayoshiさん 回答ありがとうございます。

桟木の材種よりも
均一の厚さと基礎の平面性が重要なんですね。
多少の加圧でも長時間置いておくものなんで
曲げ木と同様の応力なのも納得です。

このコメントの後にも調べていると
「割れ止めに木工ボンドを塗る」事や
「桟木の向きも風通しを考え、風向きに平行にする」
「樹皮は剥いでおく」という内容も分かりました。

調べた後も時間が取れずまだ実践出来てないんですが、早めに対処するようにします。
ありがとうございました!

URL | ゆうせー #-

2016/10/10 14:24 * edit *

Re: ちょっと質問させてください

ゆうせーさん、ご無沙汰です。

桟積みの桟木は15mm前後の角材を使っていますが、これは製材所で賃挽きした際に既に桟積みされていて、それをそのままサービスでもらってくる物なんです。

樹種はその時に出た端材ですから、結局なんでも良いのだと思いますが厚みは全て揃えないと曲げ木と同様の応力がかかってしまいます。

だから地面の平面性もシビアに考えないといけません、長尺材なら下駄はなるべく地面から離して三ヶ所必要ですから。

小口割れが桟木の位置で止まるのでその配置も桟木痕があれば同じ位置にします。

そして可能な限り重い重しを乗せるのが理想です。

雨よけがブルーシートならば全体を覆い隠さないようにタープのようにしたほうが良いです、つまり風通しをよくする事のほうが重要です。



URL | torayoshi #-

2016/10/03 03:41 * edit *

ちょっと質問させてください

お久しぶりです。

7月から時間が取れないまま、もう10月になってしまいました。
ブログの更新も停滞気味です^^;

で、お忙しいとは思いますが、ちょっと質問させて下さい。
この記事のメインではない部分についてなんですが・・・。
最後に少し出てきた
桟積みなのですが、
間に挟む木の種類ってどのようなものを選んでますか?
ちょっと大きめの材料を知り合いから戴いたんですが、屋外にしか置き場がなく、取り敢えずブルーシートを掛けて、杉の板13mm程度の木っ端を間に挟んでるんですが
長期保管する上で何か気をつけるような事って有りますか?

URL | ゆうせー #-

2016/10/03 00:04 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/575-86f85446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム