家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

冬支度 

北海道ではこの時期あちこちで、いそいそと冬支度が始まっています。

本格的な冬が来る前に必要な準備しておかなかければ、非常に惨めな事になるのは必死で、私も過去に吹雪の真夜中にタイヤ交換などをしたことがあり、仕事の繁忙期と冬支度が重なるこの時期は毎年ゆうつになっていました。

工房の漆喰作業も冬支度の一つで、零下になると漆喰が乾かないどころか、固くてどうにもならない事から何が何でも最低気温がプラスのうちに終わらせておかなければならない、切羽詰まった状態に追い込まれていましたから、今はホッとして一段落した気分です。

が、それだけで冬支度が完了したわけではありません。

先日、急いで作った薪小屋がありますが、肝心な薪が用意できていませんでした。薪ストーブの薪はまともに業者さんから購入すると、薪の質にもよりますが一冬分8万円から10万円するのが相場のようです。

暖房費とすると灯油や電気の暖房器具を使うのと同じくらいの予算が必要なので、まともなら決して薪ストーブだから安く上がることにはなりません。

ところが、私の住む地方は近くに山林があり、森林組合がその行政区毎にあるし林業関係者もまだ多く存在していますから、様々なツテを使って、薪を確保している人が多いんです。

自分の労力を惜しまなければ、格安或いはタダかタダ同然で薪にする木を確保できるチャンスはあるという事なんですね。

私は今シーズンその根回しと言うか段取りが悪くて、自分で薪割りをするような木を押さえる事は出来ませんでしたので、仕方なく知り合いから少額の予算分のみ分けてもらって、当座を凌ぐしかありませんでした。

その、私が購入した薪が搬入されました。
DSC_1505_201511022158248d6.jpg

薪の樹種は特に決まっていないのですが、3年以上乾燥させたサクラ、ニレ、オンコ、クワ、シラカバ、ナラ、タモなど、燃やしてしまうには躊躇してしまうような材が殆どでした。

薪の購入にあたり予算がなく少額と書いていますが、現金にして2万円を支払いました。

現在の薪の相場は一棚という単位があり、それが2万円前後するようです。忠類町大樹町広尾町の業者(全て知人)三者に訪ねた見積なので市場価格はだいたいそれくらいなのでしょう。

一般家庭の建物の規模はそれこそ色々ですから、何棚分用意しておけば一冬分大丈夫ということにはならないですが、ざっくり5棚は準備しておかなければ最後に惨めな事になるかも知れないとのこと・・・

5棚×2万円、つまり一シーズン10万円という計算になるようです。


トラックからザっと下ろし、その後一人で薪棚に並べました、小一時間くらいかかったでしょうか。

見る人が見れば分かると思いますが、大サービスしていただいて二棚分くらあります。
DSC_1506_2015110221582575c.jpg

こちら地方で始めての冬を薪ストーブで挑むことと、余りにも予算がなくて哀れに思ってくれたのだと思います。

先日の低気圧で倒壊した元牛舎の廃材も燃やすに良い角材が結構あるようですから、何とかこれで凌げないものかな・・・と甘い考えを抱いていますが、まず無理でしょうね。

「無くなりそうだったら、また売ってやるから心配するな」

有難いですけど、なるべくならまともに買わずに凌ぎたいな・・・


そして、薪にする木とは別にその杣扶(きこり?)の方が、良いサイズのエンジュを伐採したので欲しかったら取りに来い、というのでその足でいただいて来ました。

長さ120cmくらい、幅は最大30cmくらいでしょうか。
DSC_1507_2015110221582655d.jpg

前日に伐って、翌日のこの日半割に挽きました。水分がたっぷりだったので重かったなぁ。

伐ってすぐだと、皮は簡単に剥けてしまいますが、春の水が上がる時に伐った奴が一番キレイに簡単に剥けるのだそうです。

DSC_1508_20151102215828244.jpg

北海道のと言うか日本のエンジュはイヌエンジュです。群生しないでポツンと生きている事、魔除けになると言われる不思議さ、また花言葉に「あなたを守ります」がある事、そして材の加工中に雨の日の濡れた犬の臭いがする事などから私はエンジュが好きになり、そのことを公言していたら随分エンジュが集まって来ました。

中には数十年梁の上で乾燥させた物もありますが、今回頂いたこの木は使えるようになるまで何年必要なのか分かりませんから、これまで木工の先輩方から譲って頂いたように私も今回頂いたエンジュは後続の誰かに引き渡すために私の所に来たのではないかと思えてしまいます。

木って、やっぱり燃やすのは勿体ないですね。

関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/438-69864711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム