家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

コブの塗装をしています 

昨日持ち込まれた5枚のコブ板をその日の午後から作業をはじめました。

それにしても圧倒的な迫力というのか、なんじゃこれ感と言うか、この引き込まれ感は何だろう。

いつかは私もコブの加工をするのだろうと思っていたのですが、その時は唐突にやって来て少しビビっています。

DSC_1274.jpg

樹種はほとんどがニレのようです。

このまま塗装をせずに半加工状態で置いたほうが売れるのではないかと思いましたが、既に先方で塗装済みの脚が用意されていて板の裏側にはめ込むホゾ穴も空けてありましたから、依頼通りに塗装の準備をはじめました。

先方からは裏側の塗装は不要だし、表側の研磨(素地調整)もしなくて良いといわれましたが写真に映る以上に鉋枕のきつい部分もあったし、裏側は完全にガッサガサでしたから、私はこのままでは塗装できないので了解をもらって少し研磨させていただきました。

それでも、いざ研磨を始めるとなかなか消えない深い傷に業を煮やし、番手を替えながら相当な時間を費やしてしまいました。

元々平面があまりしっかり出ていなかったので、研磨もそれなりにですが・・・



研磨が全て終わり、丸ホゾの胴付き内側5mmくらいまでマスキングして塗装に入ります。

DSC_1277.jpg

先ずは裏側から。

すっかり塗装部屋になってしまった二階の一室で作業をします。この量だと他の作業が出来なくなってしまうからです。

中塗りのサンジングから。
DSC_1278.jpg


一夜明けて今日の朝一番ウレタンで裏の仕上げをしました。

午後から表の塗装です、中塗りから上塗りの一回目までできました。夜までかかりましたが、天気が良かったこともあり乾燥が早くて助かりました。

なんだか、私のブログの写真ではない感じ・・・
DSC_1282.jpg

一晩置いて、明日仕上がる予定です。


二階での塗装作業で、既存の20mのホースでは足りなくて更に30mを継ぎ足し都合50m先でのスプレー作業になり圧力が心配でしたが、この長さでもレギュレターによる減圧が必要なほどコンプレッサーの能力は必要充分でした。

DSC_1285.jpg

古いコンプレッサーで壊れた場合修理不能の前提で、機械屋さんからタダ同然に頂いた物なのですが、凄く頼もしい。

まだ本格的な木工をしていない段階ですが、私の工房で集塵機とコンプレッサーは一二を争う活躍をしています。
関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/414-37662bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム