家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

お宝発見! 1 

朝、路面にうっすら積もった雪に誰かが落書きをしていたのを見つけました。

多分、近所の小学生が登校する際に遊びで描いたんだと思うんですが、遊び心というのは精神的に余裕があるというのか、心が豊かな証拠ではないかと思いました。

何故ハートマークだったのか、これも何か精神状態が現れているのではないかと思うんですが、とにかく子供って素晴らしい。
DSC_0699.jpg

でも、本当はオバさんだったらズッコケちゃうな。

オジさんだったら、もっとがっかりするんだろうな・・・否、逆に素晴らしいか。

私も朝の忙しい出勤時にこんな素晴らしい落書きができるような素敵なオジさんになりたい。

それを誰かに見られても 「気持ち悪い」 と思われないような人間になりたい・・・



本題に入ります。

コーヒーテーブルの製作中なのですが、今週は全然進捗はありませんでした。

数字で表すと、進捗率5%くらいでしょうか。

記録的な降雪の影響が大きいのは間違いないのですが、更に追い打ちをかけるように新たな楽しみを見つけてしまったんです。

それは、以前にも記事にした薪の中のお宝発掘です。

山になっている薪置き場からある程度選別して移動用の箱に入れてストーブの近くに運んでくるんですが、この状態でそのままにしておくと誰かが単なる薪としてストーブにくべてしまい、その樹種がなんだったのかも気付かれないまま燃やされ灰になってしまいます。
DSC_0706.jpg


そして、その雑多な薪の中から掘り出して製材したのがこちら。
DSC_0700.jpg

引き割ってカンナを掛けて見ると、ヤッパリ燃やすには勿体無い素晴らしい肌が現れました。

写真右からイタヤカエデ、中がイタヤカエデのスポルテッド、左がタモです。

タモは見事な縮み杢が入っていました(赤矢印)、自動カンナの跡ではありません。



特にハッと魅せられたのはイタやのスポルテッドです。バクテリアが導管に入り込んでこんな模様になるんですね。
DSC_0702.jpg

木工を始めた頃は「木が好き」という感覚がイマイチわからなかったので、尚更「杢」の価値なんて分かりませんでしたが今は違います。

写真の縮み杢にしてもスポルテッドの入り具合もどうなっていれば価値が高いのかはまだ理解していませんが、今まさに燃やされようとしている薪の中から発見してしまうと気分は高揚してしまいました。


ただこれは、薪用の長さに切られた状態で数年放置されてはいたものの、天然感想とは言い難い環境に置かれていたので手で触っただけでも含水率が高いことが分かります。

ですから他の荒取りした材同様に自宅へ持ち帰り、暖房機の上に並べてナンちゃって人口乾燥を試みました。
DSC_0703.jpg

我が家の暖房器は蓄熱暖房なので、手で触っても火傷なんかはしませんが木の乾燥条件には凄く適してると思うんです。

温度や湿度などの数値的な根拠は後日に回しますが、ご覧の皆さんに是非気をつけていただきたいのは、写真のような状態を決して真似してはいけないということです。

使用している蓄熱暖房器具にもしっかりっと大きく注意書きがしてあって、出火(火事)の可能性が高いですから試してみたい方は自己責任でやってください。

この記事は長くなりそうですから、これで一旦区切りたいと思います。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

category: 木の乾燥

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/357-cfa232cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム