家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

神代のテーブル製作再開しました 

以前、神代ニレの制作をブログ記事に書きましたが、「ウッドショップ木蔵」さんからご指摘があり現在私が加工しているのは神代ニレではなく神代桂でした。

私はよく会話の中で、魚のワカサギのことを間違ってシシャモと言ってしまい更にその間違いに気づかずに最後まで一連の会話を続けてしまうようなところが有り、今回のカツラも樹種を決める際に再三カツラである事を確認していたのですが、いざ記事にしようとした頃には私の頭の中でニレに代わってしまいました。

すみません、これからも誤記にご気付きの方がいらっしゃいましたら、どうか優しくご指摘ください。

尚、オヤジギャグはご容赦いただければ幸いです。



テーブル製作記に戻りまして・・・・

片面のみ平面を加工していたので今回はその反対側を削りました、木蔵さんのアドバイスもあり裏面側は全部削ってしまわないようにしました。天板がペランペランになってしまいますからね。

大分薄くなったので下駄をカマして調整しています。
DSC_0188.jpg



板ハギ面を加工していざ矧ぎ合わせです、板が25mm程なのでビスケットは一列ですが目違いを少しでも抑えたくて一つおきに上下方向にずらしてカットしています。

DSC_0194.jpg


今回の制作に当たり接着剤を新たに用意しました、コニシCU50です。

二液性なので100対15の分量を計りにかけました、調理用の計量器ですがこれで十分機能は果たしていると思います。

DSC_0189.jpg


約50g作り、付属の袋にいれて撹拌しました。

DSC_0191.jpg


接着風景は時間との戦いをしていますので写真を撮る余裕がありませんでしたがクランプをこれでもかと言うくらい締め上げて一応完了の図・・・

DSC_0195.jpg

何故こんなに本数をかましたかと言うと、板ハギの中程に隙間があったかなんですが圧着作業中に気が付き仕方がないのでクランプの本数を増やして強く締め上げればなんとかなるだろうと甘い考えでやっていたのですが・・・

失敗です、いくら締め上げを強くしたってくっつかない物はくっつかないし、やりすぎて木が反ってしまうかもしれません。

仕方ありません、ボンドを着けてしまったので完全に硬化するのを待ってからバッサリと矧ぎ合わせ面を切り離してやり直します。

天板の最終幅は650mmで現在まだ10cm程余裕がありますから体裁には問題ないのですが・・・

作業中に何か考え事していたのか、確認が疎かになっていたのでしょう。

反省しきりです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/298-38f1d8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム