家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

帯広神社骨董市へ行きました 

地元の帯広神社で骨董市が開かれていたので、使えそうな古い鉋やノミを求めて行ったのです。

車を留めた駐車場からすぐそばに目当ての骨董市が見えていたのですが折角、神社に来たのですから詣でないとバチが当たるような気がして境内へ向かいました。

私は帯広生まれの帯広育ちなので、正月は元よりお祭りや単に遊び場としてなど何かある毎に帯広神社に訪れていたので物珍しい事なんて全く予想もしていなかったのですが・・・

ありました、大きな縄の輪っかです。↓

DSC_1389.jpg

茅の輪(ちのわ)くぐりの神事と書いてありました。

この大きな輪っかの中をくぐりぬけては左に回ってまたくぐり、次は右に回ってまたくぐる・・・

を、3回か4回繰り返すと厄から遁れる事が出来るのだそうです。

「へ~、こんなの初めてだなぁ」

左の看板に正しいくぐり方が書いてあり、それを注意深く読みながら厳かに執り行いました。

そして正面の賽銭箱へ向かう道中、妻と賽銭の金額について話し合います。

妻 「私は500円」

私 「えっ、500円!100円でいいだろう」

妻 「ショボ」

結局、個人の価値観に任せて妻が500円、私が100円を投入します。

「どうか、良い事がありますように・・・」



帯広神社には境内の中に真新しい「参拝者休息所」があり、中へ入るとちょっとした無人ギャラリーのようになっていて無料でお茶も自由に飲めるようになっているんです。

そして、そのお茶がでる給湯器の横にこんなポスターが貼ってありました。
DSC_1390.jpg

私の母校でもある帯広農業高校を舞台に描いた漫画「銀の匙」の販促ポスターです。

付け足すように、ここ帯広神社が登場しています、とアピールしていました。

当然のように全巻揃っていて、読み放題の飲み放題。

でも、ここはいつ来ても人っ子一人いないんだよな・・・



さあ、参拝も終わったし、お目当ての骨董市へと駐車場を横切ろうとした時、私の車に明らかにたった今こすりましたというような傷跡が目に飛び込んできたのです。

DSC_1391.jpg

「隣にいた黒い車だ…」

直ぐにそう思いましたが、いちいちナンバーを控えていませんからもう仕方ありません。

茅の輪くぐりの作法を間違えたのか、賽銭を100円にした為なのか分かりませんが、神社に来てこの事故をどう表現すれば良いか言葉も見つかりません。

時間が経ち、落ち着いてこれを書いている今は人身も無くこんな傷程度の災いで済んだ事がご利益なのかなと思っています。

今度参拝に来た時は500円にしようっと。
関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/252-26cf959c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム