家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

チェアーズギャラリーに行きました 2 

ひじの無いタイプの椅子はスツールに背もたれを付けただけなので、個性を出すのは難しいのだそうです。

私は何かの模倣しか出来ませんから個性云々を言える立場にないのですが、500種以上の椅子のデザインをしたウェグナーも産みの苦しみはあったのだろうか・・・

DSC_1287_convert_20140509210205.jpg


こちらは世界中で一番売れたとされるYチェアーの部材です。

DSC_1285_convert_20140509210110.jpg

全部丸ホゾでした。

そして曲りの部分は3mm程の薄い板を型で曲げながら接着剤で積層する、ラミネートという技法が使われていました。

量産タイプは仕方ない部分も多々あり、その分価格が抑えられているのでしょう。

安いとは言っても、Yチェアーは一脚7万円くらいが相場のようです。


加工中の失敗作なのだそうですが、貴重な展示だなとマジマジ・・・
DSC_1286_convert_20140509210139.jpg

ところで、デンマークには良材が無いんですってね。

ですから、材質にオークと表示されていても、ほとんどは北海道から輸出したナラなんだそうです。

ナラとオーク、タモとアッシュなどは同じ木ではない、と学習していたのでズッコケてしまいました。

昔は北海道産の良材をバンバン輸出していたそうですが、今では道内でもナラなどの良材は希少になっていて原木の相場は昨年の4割増しなのだそうです。

本気で落札したい場合は思い切った価格で入札しなければ手に入らないと「木蔵」さんが言ってました。

私なんか、メイプルやウォルナットなどの輸入材に目がいってしまいがちですが、身近な道産材がそれほど優れているだなんて。

大切にしなければならないモノは意外と身近にあるんだな・・・


つづく

関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/236-41aaf3f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム