家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

棚製作 4 

自宅へ持ち帰り、棚脚を組みました。

水引やサンディスク、ほぞ先の面取り、ノミでほぞ穴を整えたり等の細かい工程はキッチリやっていますが、写真も撮り忘れましたから割愛させて頂いておりますことを了解ください・・・

DSC_1210_convert_20140415202906.jpg

組んだ内側にスコヤがあり、クランプが対角線に置かれています。

木工をやっておられる方はこれを見れば何をしているのかお分かりかとおもいますが、これは直角を確認して修正している場面です。

これまで私は何の気なくクランプで圧着しても直角が狂った事が無かったので、もしかしたら一生涯クランプを斜めに掛ける事は無いのではないかと錯覚していたのですが、とうとうその時が来たのです。(笑)

作った家具の数が少ないので自惚れもいい所なのですが、直角が出ていない場合の対処を覚えていて良かったなと斜めに掛けられたパイプクランプをマジマジと見つめました。


この時点で写真を見て左側が下で右側を上にすることを前提として作っていたのですが・・・


結果はこうなってしまいました。

DSC_1238_convert_20140415203638.jpg

棚脚の上下が逆さまになっております。

この記事はまるで一日の出来事のように記していますが、実際には棚脚を組んだのが3月上旬の事・・・

そして出来上がりの写真がつい先日。

その間、諸事情あって棚板用に用意してあったパインの集成材を他の物に流用したりしているうちに材が足りなくなったり、棚板を大入れしようとしてミゾを切ろうと思ったら準備が悪くて諦めたりと様々な言い訳があり・・・

結局、こんな塩梅に妥協するしかなくなりました。

一番上の棚板は仕方ないので当面これでも置いておこうと仮置きしたタモの一枚板です。

下の棚板は下穴などの処理をしてビス止めしました。

DSC_1237_convert_20140415203607.jpg

いや~、今回もイロイロありましたが塗装もせずにこれで完成です。

まるで押入れのように使っている部屋の整理棚ですので誰かに見せる事もありませんから、仕上げはしませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

category: 木工製作記

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/226-6542738c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム