家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

 

すっかりブログの投稿をサボっていたら、とうとう広告が掲載されてしまいました・・・

ですから、慌ててこれを書いているのであります。


正確に言うと別にサボっていた自覚はないのですが、倦怠感と言うか夏バテと言うか、とにかく休日は体を癒したいとか、そんな気分だったんです・・・

全国の皆さんが耐え忍ぶ猛暑とは比較にならないほど過ごしやすい、北海道の特に私の行動範囲で夏バテしたなどと言うとホント怒られそうなのですが、寒暖の差にやられたんでしょうね・・・きっと。

最高気温は今のところ上がっても30度くらいですが、朝晩は20度を下回る時が多く寒いくらいなんです。


外気が30度ともなると、本業の紙工の現場では体感35度くらいになるでしょうか、肉体労働のせいもありますが機械設備が高い熱を放つのもまた事実。

DSC_0984_convert_20130819211240.jpg
この写真は無線綴じ機と言う機械の糊を溶かす釡の部分です。

設定温度は190度。
DSC_0983_convert_20130819211214.jpg

この釡の部分はむき出しになっていて、操作する作業者の近くにあるんです。

その他にもモーターやコンプレッサーなんて触ると火傷しちゃうくらい熱くなりますよね・・・

更に節電の為では決してないんですが、工場のエアコンは2年前から切られています。


…とまあ、言い訳ばかり並べていますが、そろそろ体調もだいぶ整ってきましたので木工ネタを少し。


少し前から「自動・手押しの中古の出物があったら連絡して」と、お願いしていた或る地元業者から電話があり、早速状態などを確認しに行きました。

訳ありで全体写真は写せませんでしたが、自動手押し一体型のこんなやつでした。
DSC_0971_convert_20130819203830.jpg

たいへん良い機械で、欲しいのですが・・・

昭和54年製、外に置いてあり錆だらけ、Vベルトとベアリングは全て交換が必要・・・そして価格が8万円。

相場の分からない私はこの状態で高いのか安いのか分かりませんが、私にとって8万円は間違いなく大枚です。

私が「ん~」と唸っていると、

店主が「あ、別にいいですよ買わなくても。私、自分で使いますから」

とりあえず私が勝手に買える金額ではないので、まず妻と相談しなければなりません。

欲しいんだけど、どうしようかな~

置き場所はないんだよな~


以前紹介のあった廃校跡は訳ありでボツになっていて、作業場も探しておりクリアしなければならない事はまだまだあります。

広尾町の近所の方々の理解があり、青空木工をしている訳ですが作業中は決まって人が自然と集まってきたりして危なくてしょうがありません。

つまり、電動工具を気軽に使える環境ではないんです。



どこかいい所ないかな・・・

と、ぶらり田舎道を探索していたらウドが大きな花を咲かせていました、

DSC_0968_convert_20130819203738.jpg




関連記事
スポンサーサイト

category: 日記

TB: 0    CM: 2

コメント

いつも的確な情報ありがとうございます


安価な新品は購入し易い点で私のような者には凄く魅力がありますが、木工機械地獄を(入り口ですが)彷徨いますとヤッパリ安い品物には訳があり後で後悔することになります。

ですから多少の出費、労を覚悟でも安心できる工具を求めていたわけであります・・・が、如何せん素人の限界がありどうしたら良いか悩んでいるところであります。

もとより現時点で設置場所はありませんから、とりあえず唾をつけておこうかと言うようなイヤラシイ魂胆をしていました。

やはり、ちゃんとした作業場が先ですね。



URL | torayoshi #-

2013/08/26 21:35 * edit *

夏バテですかぁ、お疲れ様です。

万能機で100v仕様は珍しいですね初めて見ました。どうしても電気を半分捨てる為、トルクや回転数が落ち、200vと比べると不利なようです。

万全の状態であれば日立製なので性能は問題無いでしょうが、メンテナンスが必要なほど劣化しているとなると話は別です。業者に修理を依頼すればベルト&ベアリング交換、グリスアップ、盤の研磨&調整、刃研ぎ・・・数万円は+αと言うところでしょうか。

小型機を別々に購入しても新品が買えますね。据え置き機械は動力電源の使用可能な置き場所を確保してからが良いかも知れませんね。

URL | saule vert #-

2013/08/25 00:01 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/162-a576efd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム