家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

なんちゃってトライアングル(留め切り治具) 2 

留め切り治具の改良をしました。

とにかく早く額縁を一セット形にしたかったので、治具も最低限の仕様でつかいました。

DSC_0836_convert_20130604195415.jpg

しかし、加工材を手で保持することは危険が従います。

私は正月に痛い思いをしているので、手を刃物に近づけなくても良いように手を加えました。


鬼目ナットを埋め込む貫通穴を開けています。
DSC_0899_convert_20130624192251.jpg

鬼目ナットを埋め込みます。
DSC_0900_convert_20130624192331.jpg

アームになる部材にボルトより大きいバカ穴をあけました。
DSC_0901_convert_20130624192358.jpg

組み立てるとこうなります。
DSC_0902_convert_20130624192422.jpg

こうやって、加工材をクランプする予定でしたが試しにギュっと締め込んでみると、加工材とアームの接点の面積が小さすぎて加工材が安定しませんでした。

垂直に下へ力が伝わらない事が原因でした、もう少し工夫をしなくてはなりません。


相変わらず設計図も引かずにやっているので、作りながら「あっ、これじゃダメなんだな・・・」などと呟きながら呑気にやっているとしか思えないでしょう?

これが今のわたしのペースなんです。

しかし、正確な治具作りは安全と品質と能率のために手抜きはできませんよね。

今は産みの苦しみをしているのだ、と理解しています。


これでこの日の木工ができる時間は終了でした、次回の休日は一日中木工が出来るよう妻にお願いをしています。




関連記事
スポンサーサイト

category: 治具

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/152-53230e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム