家具雑貨工房 ki-kiru(きーきる)

木の家具や雑貨は見えない部分が肝心です。隠し事はありませんよ、全て公開しています。

 

お母さんのつくえ 10 

部下のS田くんのカミングアウトが、私と彼の絆をいっそう深くしました。

社内では仕事上の付き合いのみ、といったドライな人間関係が多い中、同じような趣味を持つ同人の存在が、単調に流れる職場の空気を変えてくれるような気がしました。

S田くんとは、もう一つ同じ楽しみがあります。 それは競馬です。 私とS田くんともう一人、K野さんという人がいるのですが、私たちはこの三人でCLUB競馬のような事をしているのです。

K野さんも職場では私の部下なのですが、競馬のほうは大先輩で、もう既に何かを超越してしまったような馬券の買い方をする人で、私たちはK野さんの競馬予想を予め伺ってから、馬券の買い方を考えたりしていました。
 以前、K野さんと私は新入社員として入ってきたS田くんに『すばらしい世界があるんだ、』と言って、ダークサイドに引き込んだのであります・・・

 いくつかの共通項を持つ私たちは、いろいろな話をする中で、K野さんのお母さんが病で倒れ、数年前から病院で寝たきり状態だと言う事を知りました。
 近くに頼れる人がいない為、K野さんは仕事が早く終わると、毎日お母さんの様子を診に行っているそうです。

 『みんな、たいへんなんだな・・・』

 私自身の両親も例外ではなく、父は心臓に重い持病があり、またつい先日脳梗塞で市内の病院に運ばれたばかり、そして母は痴呆の入り口に入っていました。
 なんか寂しいけれど、親の面倒を診ることが特別な事ではない、私たちはそういう歳になったのだと、自分に言い聞かせるほかありませんでした。

 
 私の彼女は会社務めをしながら、お母さんの面倒をよくみます。お母さんが体をかゆがるので毎日おふろに入れてあげていました。
 夏だったせいもありますが、お母さんが人工透析患者でもあった事が原因のようでした。

 人工透析をするとなぜ体がかゆくなるのか、私には分かりませんが、それよりもっと気になる事がありました。

 人工透析患者は痴呆になる人が多いんだそうです。





 
 
関連記事
スポンサーサイト

category: お母さんの机

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuujinnraijinn.blog.fc2.com/tb.php/11-6bbdcc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

最新コメント

フリーエリア

カテゴリ

メールフォーム

月別アーカイブ

検索フォーム